エッチの後に身体が痛い…エッチした後に試したい筋肉痛防止ストレッチ | コイウラ

エッチの後に身体が痛い…エッチした後に試したい筋肉痛防止ストレッチ

シェアする

エッチは、スポーツと言われるくらい運動量が多い行為ということをご存知でしょうか。特に、騎乗位やバックなどの体位によっては、普段使わない筋肉を使うようです。そんなエッチの後、太ももの筋肉や腰、足が筋肉痛でピクピクしてしまう。身体が痛い・・・そんな筋肉痛を防止するために、エッチした後にオススメのストレッチをお教えします。

太ももの筋肉を緩和させる

太ももはエッチをする時筋肉痛になりやすい場所です。そんな太ももの筋肉痛を防止するためには、太ももの前側と後側にわけてストレッチすると効果的に緩和できます。壁の側に立ち、片手で体を支え、もう片方の手で伸ばしたい方の足を手で持ち引っ張ります。膝をしっかり曲げ、腰を反りすぎないようにすることがポイントです。布団の中で、仰向きになったまま同じ体制をとっても効果はあります。より効果的にするためにはきちんと立って行いましょう。太ももの後ろは、座った状態で片膝は曲げ、伸ばしたい方の足を前に真っすぐ伸ばします。その時、背中が丸まらないようにしましょう。

足全体の筋肉痛、だるさを緩和させる

足全体の筋肉痛とだるさを緩和させるには、床に座り、足の裏と裏をくっつけた状態で床に両膝を押し付けます。そうすることによって、太ももの内側とふくらはぎが伸び、股関節も広がり、足全体の筋肉を刺激することができます。ゆっくり10秒ずつ押したり、戻したりを繰り返すと効果的です。エッチの中で足を上げたり曲げたりしたまま体制をキープすることにより、股関節まわりの筋肉はより筋肉痛になりやすくなります。股関節は、背中を床につけた状態で壁にお尻をつけて足を上げた状態に。その状態で足を広げると楽に股関節を柔らかくほぐすことができます。

腹筋の筋肉を緩和させる

騎乗位やバックの体制で酷使した、腰とお腹の筋肉のストレッチは、ベッドに寝ころんだままできます。まず仰向けに寝て、両膝を抱きかかえる格好を取り10秒キープしましょう。その後、足と手を元の位置に伸ばし力を抜きます。これを何回か繰り返したら、寝ころんだ体制のまま片足を上げて反対の太ももの上に載せ、引っ張る。その時顔は、反対方向を向くのがポイント。腰の筋肉が引っ張られる感覚がより強くなるはずです。それを両足、交互に3~5回繰り返しましょう。無理なく、痛くない程度の位置でとどめるのも重要です。

身体全体の筋肉を緩和させる

エッチの後身体全体のだるさと、筋肉痛を訴える人は多くいます。普段運動をしている人も筋肉痛になるので、普段使わない筋肉を使っている証拠ですね。そんな全身のだるさを緩和するストレッチは、猫のような四つん這いのポーズを取り、腰の位置はキープして、息をはきながら手を前へ伸ばします。気持ちのいいところで止め、戻します。それを3~5回繰り返しましょう。さらに前傾姿勢が多いエッチの凝り固まった肩甲骨は、手を上に上げてキープ、顔正面に伸ばしてキープ、肘を後ろに引き肩の高さにキープ。そのストレッチを繰り返します。プラスで、ストレッチの前に、ぬるめのお風呂で疲れた筋肉を休ませるのもオススメですよ。

まとめ

エッチしている間は、興奮や気持ち良さで気付いてないですが、普段使わない筋肉を使い、凄まじい運動量や力みで筋肉に負荷がかかっているのでしょうね。特に、女性はイク時に、想像よりはるかに力んでいるそうです。翌日の筋肉痛や身体のだるさを軽減させるために、激しいセックスの後は、是非彼氏と一緒にこのストレッチに挑戦してみてください。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加