ムラムラが止まらない!生理中のオナニーで気をつけることとは | コイウラ

ムラムラが止まらない!生理中のオナニーで気をつけることとは

シェアする

生理中にムラムラするのを経験したことのある女性は、意外と多いのではないでしょうか。あなたはそんなとき、どうしていますか?生理中は、においの問題や、「膣が傷ついてしまいそうで怖い」との理由で、性行為をしないという方が多いでしょう。しかし、性行為を我慢すればするほどムラムラしてしまいますよね。そんなとき、生理中のオナニーでムラムラを解消してみては?生理中のオナニーで気をつけることをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

経血で汚してしまわないように配慮する

まず気になるのは、経血のことですよね。ズボンや下着を脱いで行う場合、布団や床などを汚してしまわないように注意しましょう。バスタオルを敷いたり、ティッシュを準備したり。あとあと大変にならないように気をつけてくださいね。「事前準備なんてめんどくさい!」という方は、お風呂場でのオナニーがオススメ。シャワーを陰部に当てて快感を得てください。しかし、浴槽内でオナニーしてしまうのはNG。お湯が血まみれになってしまいます。汚れてもすぐに洗い流せるシャワーにしておきましょう。

膣内オナニーは我慢、手は清潔に保つ

生理中は、いつもより膣内がデリケートになっています。そのため、指や大人のおもちゃなどで刺激してしまうと、痛みが生じたり、傷がついたりする場合もあるのです。膣でしかイケない女性には、少し物足りないかもしれませんが、自分自身の身体のことをいちばんに考えて、膣内でのオナニーは我慢しましょう。また、汚れた手でオナニーするのもNG。生理中のデリケートな陰部に、汚れた手で触ってしまうと、菌が入る可能性があります。普段よりも念入りに手洗いをして、オナニーをしましょう。

心地いいくらいの気持ちよさでやめておく

いつものオナニーでは、イクまで続ける方が多いかと思います。しかし、生理中のオナニーでは、心地いいくらいの気持ちよさでやめておくのがベスト。イッてしまうと、身体に力が入りますし、子宮が収縮するのです。そのため、生理中のオナニーでイクと、経血がドロっと出てきてしまう可能性があります。せっかく気持ちよさくなっていたのに、経血が出てくる不快感で台無しになってしまうのです。イクまでオナニーをせずとも、心地いいくらいでやめておけば、経血がドロっと出ることもないでしょう。

クリトリスは優しく触る

普段のオナニーよりも、クリトリスは優しく触るようにしましょう。クリトリスは、身体のなかでも快感を得やすい部分なので、強く触るとイッてしまうからです。指で強弱をつけるのが難しいという方は、ローターを使ってみるとよいでしょう。強弱を設定できるものを使い、下着やナプキンの上から当ててみてください。心地いい気持ちよさの波がやってくるはずです。

まとめ

生理中にムラムラしてしまうのは、女性特有。しかし、生理中の性行為をためらう方がいて当然です。ムラムラを抑えて、リラックスするためにも、生理中のオナニーは悪いことではありません。寝る前に行えば、心地いい気持ちよさでリラックスした状態で眠りに入れるでしょう。生理中のオナニーで、辛い一週間をリラックスして乗り切ってくださいね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加