オナニー初心者注意!怪我や病気をしないための膣への指の入れ方入門 | コイウラ

オナニー初心者注意!怪我や病気をしないための膣への指の入れ方入門

シェアする

ひとりでいるときでも気持ちよくなれるのが、オナニー。しかし、間違ったやり方をしてしまうと、怪我をしてしまったり、病気になったりする可能性があるのです。オナニー初心者の方は、ついつい危ないやり方をしてしまいがち。そこで、怪我や病気をしないための、膣への指の入れ方をご紹介。しっかりと理解して、安全で気持ちのよいオナニーをしましょう。

手を洗って清潔な場所で

170203_01_1

オナニーをするうえでいちばん大切なのが、手を清潔にしておくこと。汚い手で膣やクリトリスを触ってしまうと、病気になる可能性があります。そのため、しっかりと手を洗っておくことが大切です。ついつい面倒くさがって怠りがちですが、デリケートな部分を守るために、しっかりと手を洗っておきましょう。また、清潔な場所を選ぶのも大切。せっかく手を綺麗にしたのに、汚れている場所でオナニーをしてしまっては、手を洗った意味がありませんよね。布団や、ソファーの上など、清潔であなたがリラックスできる場所を確保しましょう。

膣を濡らすことからはじめる

170203_01_2

いきなり指を突っ込んでしまうと、膣に傷がついてしまう可能性があります。膣に傷をつけることを防ぐために、膣をしっかりと濡らすことからはじめましょう。ローションを使ったり、まずは胸やクリトリスを触ったりと、濡らす方法はなんでもよいです。しっかりと濡れるまで、自身の興奮を高めてくださいね。どうしたらよいかわからない方は、アダルトビデオやエッチな漫画などみてもOK。あなたが興奮すればするほど、膣が潤ってきますよ。

足を開いてゆっくり指を入れる

170203_01_3

足を閉じたままでは、膣の入り口も狭くなってしまいます。足をしっかりと開き、指を膣の入り口へ当てましょう。濡れているからと急に入れてしまわずに、まずは入り口をこちょこちょするイメージで、さらに濡らしていきます。しっかりと濡れてきたら、徐々に指を入れていきましょう。初心者さんがいちばん入れやすいのは、中指。長さも太さもあるので、自分の気持ちいいところをじっくり探ることができるでしょう。指を入れるときの注意点は、息をとめてしまわないこと。しっかりと呼吸をし、リラックスした状態で入れてくださいね。

指を入れたらゆっくり動かす

170203_01_4

アダルトビデオのように、いきなり激しく動かすのはNG。ゆっくりと動かして、どこが気持ちいいのかを探っていきましょう。爪が当たって傷つけてしまわないように、指の腹が当たるように動かしてください。気持ちいい場所を見つけたら、押したりこすったりして、どの動きが気持ちいいかを探りましょう。自分の気持ちいい場所を知っておけば、いつでもオナニーで気持ちよくなれます。また、触り方を工夫して、同じ場所でも違う快感を得ることもできるので、さまざまなパターンを試してみましょう。

まとめ

気持ちのよいオナニーをするためには、上記のことをしっかりと守る必要があります。気持ちよくなるためにオナニーをするのですから、不潔な手で触ったり、いきなり指を入れたりと、NGな行為をしないようにしてくださいね。大切なあなたの身体を守るためにも、気持ちのよいオナニーをするためにも、しっかりと守りましょう。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加