キスは細菌の交換?キスの相性は科学的にも証明されているんです | コイウラ

キスは細菌の交換?キスの相性は科学的にも証明されているんです

シェアする

好きな人とのキスは、何ともいえない幸福の味。他では味わえない幸せに包まれます。しかし「あれ?なんか違う・・・」と感じ、この人じゃないのかも、という決定打になるキスもありますよね。実はこのキスにも性格やセックスと同じように相性があり、科学的にも証明されている理由があるのです。今回はその理由に迫ります。

女性の方がキスに敏感?

170127_03_1

あるアメリカの大学で行われた調査の結果で、女性は男性よりもキスを重要視するということがわかっています。キスが上手くいかなかったことが、恋愛関係を築けない理由になったという人が66%にも上るというのです。ちなみに男性は59%となっています。それでも想像よりも多いように感じますよね。日頃深く考えることなく、ロマンチックな愛情表現だと思っていたキスですが、知らぬ間に私たちはパートナー探しの判断基準にしているようです。

キスで遺伝子をチェックしている?

170127_03_2

キスをして口と口を付けることで、私たちは知らぬ間に唾液や、それに含まれる細菌を交換しています。その唾液から、相手がパートナーにするにふさわしい遺伝子を持っているかどうか判断しているのだそう。具体的には、自分のものとは遠い免疫を持つ人との子どもほど、病気をしにくく、丈夫に育つ可能性が高いので、キスが気持ちよく感じるということです。また、細菌を交換し合うことで、自分が持っていない免疫をもらい、自然の予防接種になるなんて意見も。しかし虫歯菌なんかもうつってしまいますので、その点は気を付けて下さいね。

ディープキスにも理由があった

170127_03_3

男性がディープキスをしようとするのは、女性の唾液に含まれる、女性ホルモンであるエストロゲンを感じ取り、繁殖能力があるかどうかを確かめているという説もあります。また、男性ホルモンの、テストステロンを渡すことで、相手の性的衝動を刺激しているのだとか。つまり、ディープキスでセックスをするかどうか判断し、セックスモードに突入するスイッチにもなっているというわけです。ディープキスをするとムラムラするという実感は誰もがあるのでは?キスは人間が子孫を残すための、本能的な役割も担っているのですね。

他にもあるキスのメリット

170127_03_4

科学的観点から見たキスのメリットは他にもあります。ある調査によると、出勤前のキスをするカップルは、しないカップルに比べて、会社の欠勤率が低く、収入は25%高い、交通事故に会う確率も低く、寿命が5年長いことがわかっています。びっくりするほど良いことずくめですね。また、キスをすることで、ストレスホルモンが減少し、愛情ホルモンや幸せホルモンとして知られるオキシトシンが増加するという調査結果も。これを聞いたら、いってらっしゃいのキスをしないわけにはいきません。キスは心と体の健康にも一役買っているということですね。

まとめ

愛情表現として、私たちが普段何気なく行っていたキス。科学的に見ると、カップルがキスをするべき立派な理由があったのです。調べるほどにキスにはメリットばかり。最近キスをしなくなったというカップルやご夫婦は、ぜひ日常にキスをする習慣を取り入れたいですね。また、これからパートナーを探す人は、ぜひ相手を選ぶ基準にキスを加えてみてはいかがでしょうか。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加