処女膜は再生する?1年エッチしないと処女になるって本当?噂を検証してみた | コイウラ

処女膜は再生する?1年エッチしないと処女になるって本当?噂を検証してみた

シェアする

「1年以上セックスをしないと、処女膜が再生する!」という話を聞いたことはあるでしょうか?今やセックスの悩みのなかでも、「セックスレス」という問題が深刻化している日本ですが、「処女膜が再生し、痛みが出ることを怖がってセックスができない。」という方も意外と多いのです。では、本当に処女膜は再生するのか?を、検証してみましたのでぜひご覧ください!

そもそも処女膜とは?

161129_03_1
「処女膜」は、厳密にいえば「膜」ではなく「粘膜のひだ」なのです。ひだの形は人それぞれなうえ、激しいスポーツやタンポンの使用などで裂けることもあります。そのため、「初めてのセックスは痛くて出血する」という認識は間違いで、誰もが出血して痛いわけではありません。初めてのセックスのときに出血しなかったことをコンプレックスに思う方も多いですが、何の問題もありませんので、気にしないようにしましょう。

「処女膜は再生する」というのはウソ

161129_03_2
上記のように、処女膜というのはひだであり、激しいスポーツやタンポンの使用などでも裂けてしまうものです。そのため、初めてのセックスで出血しない方がいるように、元に戻ることもありません。「処女膜は再生する」というのはただの噂であり、1年ぶりにセックスをしたからといって、出血して痛みが出るということはないので安心してパートナーに身をゆだねましょう。

1年ぶりのセックスは慎重に

161129_03_3
1年以上セックスをしていないと、人によっては膣が狭くなっている場合もあります。そのため、セックスレスになる前にはすんなり入っていた彼の性器が、スムーズに挿入できず痛みを感じたということもあるでしょう。こういった方の話に尾がついていき、「処女膜は再生する」という話になったのかもしれませんね。久しぶりにセックスをするときには、お互いに痛みを感じないように前戯をしっかりと行い、十分に潤ってから挿入するようにしましょう。

処女膜は整形で再生できる?!

161129_03_4
処女を再生するための「処女膜再生手術」という整形手術があり、裂けた処女膜を再生させることができるようになっています。「結婚相手は処女がいい!」という偏った思考の男性も少なくはないので、そういった方とお付き合いをするときに、手術を行うという人も。溶ける糸を使用し、裂けて広がってしまったひだを元の形状に戻すだけなので、難しい手術ではありません。「処女である」とウソをつくためだけに、わざわざ整形手術を行う女性がいるほど、現在の日本では「処女であること」に価値があると思っている方が多いのでしょうか。

まとめ

検証結果は、「処女膜はそもそも破れないので再生しないが、再生させるための整形手術を行える」でした。処女でなくとも、彼が本当にあなたのことが好きならば受け入れてもらえると思うので、整形手術を考えている方はもう少し考えてみてくださいね。また、1年以上セックスレスで、痛みがありそうでセックスができないという方は、パートナーと一度話し合ってみましょう。愛撫をしっかりと行えば、気持ちのよいセックスができますよ。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加