意外と男もわかっていない?知っておきたい「コンドームの付け方」 | コイウラ

意外と男もわかっていない?知っておきたい「コンドームの付け方」

シェアする

望まない妊娠をしないためにも、エイズなどの感染症を予防するためにも大切なコンドーム。「避妊は彼に任せています。」という女性も少なくないでしょう。彼がコンドームを付けてくれているからといって、安心しきってはいけません!実は正しい付け方がされていないかもしれませんよ。今回は、コンドームの正しい付け方を知って、彼のやり方をチェックしてみましょう。

コンドームは正しく開けて

コンドームは薄いゴムでできているため、少し爪が当たったくらいでも破れることがあります。コンドームは、傷を付けないように開けることが大切です。まずは、通常袋の真ん中に入っているコンドームを指の腹を使って端に寄せます。その後、袋の端を開けましょう。ゴムを出すときにひっかけて傷を付けないように、開けた部分は完全に切り離しておくといいですね。

包皮を下に集めてからコンドームをかぶせる

コンドームの表裏をきちんと確認して、コンドームを亀頭にかぶせましょう。このとき、包皮は下に集めておきます。ペニスの竿部分をフラットにすることで、空気を入れることなくぴったり付けることができますよ。

ゆっくりと下ろす

片方の手で精液たまりの部分を指でつまみながら、反対の手でゆっくりとコンドームを下していきます。空気を入れないように気を付けましょう。毛も巻き込まないように注意してください。毛を巻き込むと、男性はとても痛いのだそうです。

下にたまった包皮をコンドームの中に

最後までコンドームを下したら、はじめに下に集めた包皮をコンドームの中にしまいます。やり方は、コンドームの一番下の部分を手で押さえながら、集めた包皮が伸びきるように上に上げます。ペニスの真ん中あたりに集まった包皮を、コンドームで包みながら下まで巻き下ろします。これで完成です。

コンドームを付けるのは必ず挿入前

「射精の前に付ければいいや。」と思っている男性も少なからずいます。しかし、射精をしていなくても、精子は出る可能性があるので、必ず挿入前からコンドームを付けるようにしましょう。彼が付けていなかったらきちんと伝えることが大切です。

まとめ

コンドームを付けることは、性感染症を防ぐためにも、妊娠を望まないときにも手軽で有効な手段です。コンドームの正しい付け方を知ることで、彼のコンドームに対する扱いが正しいのか正しくないのかを判断できます。彼が間違った付け方をしている場合は、きちんと教えてあげましょう。たまには女性がコンドームを付けてあげても、喜ばれるかもしれませんね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加