こんな女はクンニ勘弁!アソコの臭いが別れの原因にもなる!?アソコが臭い原因とは | コイウラ

こんな女はクンニ勘弁!アソコの臭いが別れの原因にもなる!?アソコが臭い原因とは

シェアする

みなさん、自分のアソコの臭いって気にしたことはありますか?実は、気付いていないだけで結構臭っているかもしれませんよ。そんな臭いのするアソコをクンニしたい男性なんていません。そして、アソコの臭いがきっかけとなり、別れを切り出されてしまう可能性だってあります。そこで、アソコの臭いの原因についてこちらで解説していくので、しっかりと未然に防ぎましょう。

膣内の分泌液

アソコの臭いの原因の1つ目として、膣内の分泌液つまり「おりもの」が挙げられます。おりものというのは、すべての女性の陰部から分泌される液なので避けて通ることはできません。おりものは細菌を受け入れないため元々酸性になっており、そこへ汗や違う分泌液などが混入して酸味のある異臭を放つようになるのです。ただし、おりものが分泌される量やタイミングというのは、ホルモンのバランスによっても変わってきます。もし、おりものが少なければ異常に臭うなどということはほぼないでしょう。そのため、排卵日などが近づいたら陰部を清潔にしておくなど、事前にアソコの臭いを防ぐことが可能です。

陰部のワキガ

ワキガ」と聞くと、脇のワキガを想像する人が多いでしょう。でも、実は陰部にも「ワキガ」が存在するのです。これは、一般的に「すそワキガ」と呼ばれており、遺伝や体質が原因となっています。そのため、ワキガを持っている人は、すそワキガも発症している可能性があるのです。女性の陰部には、フェロモンを発しているアポクリン酸と呼ばれる汗腺があり、この汗腺の数によって臭いの強度が変わってきます。すそワキガの判断基準としては、生臭い臭いやチーズのような臭いがしたら危険信号と捉えた方が良いでしょう。この、すそワキガの解決法は、ワキガと同じで病院に行って治療をするしかありません。

陰部の汗

人間は全身に汗をかきますが、もちろん陰部にも汗をかきます。汗というのは、元々無臭です。しかし、そこへ皮膚に潜んでいる“常在菌”と呼ばれる菌が汗を食糧として繁殖していくことにより、汗に臭いが生まれてしまいます。ましてや、夏場の陰部というのは汗をかき蒸れた状態なため、雑菌が繁殖するには抜群の環境と言えるのです。この雑菌の繁殖こそがアソコの臭いの原因となり、陰部の汗を拭いたとしてもなかなか臭いがとれません。出先で何度も下着を替えることは難しいので、おりものシートをしておいてこまめに変えるなどをするのが望ましいでしょう。

性病やカビ

セックスや疲労・ストレスなどが原因となり発症する「性病」。妊婦さんや体調不良で免疫力が落ちているときなどに膣で増殖する「カビ」。これらも、アソコの臭いの原因となるのです。セックスで感染してしまった性病では、トリコモナス膣炎などがきつい臭いとして代表的なものになります。また、膣には元々“自浄作用”という機能が備わっており、膣内を清潔に保とうとするものです。セックスをしていなくても、強くアソコを洗ったりこすったりしてしまうことで、自浄作用が失われカビが繁殖しやすい環境を自ら提供してしまっていることもあります。セックスではコンドームを使用し、お風呂ではデリケートな膣は優しく洗うことが大切です。

まとめ

アソコの臭いの原因は、思わぬところにもあります。正直、発汗や遺伝など防ぎようのない原因もありますが、膣内を常に清潔に保っておくことは大切です。蒸れやすく、雑菌にとっては最高の繁殖場所なので、その繁殖をなるべく未然に防ぐようにしましょう。アソコの臭いを防いで、彼に嫌われるなんてことのないようにしたいですね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加