もう男はいらない?一人エッチで楽しむ潮吹きプレイのやり方 | コイウラ

もう男はいらない?一人エッチで楽しむ潮吹きプレイのやり方

シェアする

「潮吹き」と聞くと、セックスで男性にやってもらうものというイメージが強いですよね?でも、実は男性に頼らずとも、一人エッチで自ら潮吹きをさせることができるのです!これまで、彼に何度やってもらっても潮吹きできなかった人も、意外に一人エッチならすんなり潮吹きできてしまうかもしれませんよ。そこで、潮吹きプレイの一人エッチのやり方をレクチャーしちゃいます!

そもそも「潮吹き」ってなに?

まず、潮吹きのレクチャーをする前に、「潮吹き」とはなにか?どういったものを指すのか?というのを理解しておきましょう。潮っておしっこじゃないの?という声が多いかもしれませんが、潮は尿ではなく、分泌液なのです。そのため、尿のように匂いや色もありません。また、潮吹きと聞くと、AVのような壮大な潮吹きを想像する人が多いと思いますが、正しい潮吹きというのは小さな水しぶきが3回ほど出るぐらいのものです。それが分かったら、いざ、潮吹きにチャレンジしてみましょう!

Gスポットの位置を確認しよう

潮吹きは、Gスポットを刺激することで実現できます。そのために、まずはGスポットの位置を確認しておきましょう。Gスポットは膣内にあるため、膣内が傷つかないように、刺激する前にはしっかりと濡らしておくことが重要です。それでは、膣の中に指を入れてみましょう。このときに、手の平が天井を向くような状態で、中指を3cmほど挿入してみてください。そうすると、膣の上側あたりにざらざらとした感触の部分があります。そこがGスポットです。

Gスポットを刺激してみよう

次に、Gスポットを刺激してみましょう。Gスポットの刺激の仕方ですが、基本は指の腹で押すようなイメージを持ってもらえると良いかと思います。Gスポットは、膣の奥で眠っている性感帯なので、指の腹で強めに押して快感を呼び覚ましてあげてください。指で押し続けるだけでは、手も疲れますし、刺激にも慣れてきてしまうので、今度はトントンとたたくようにGスポットを刺激してみます。このステップでは、大人のおもちゃを使うのも1つの手ですね!

尿意を感じたらいよいよラスト

Gスポットを刺激していると、「おしっこに行きたい!」と尿意を感じてくるはずです。潮は決して尿ではありませんが、この尿意が潮吹きをする合図となります。尿意をもよおし始めたら、それを我慢してGスポットへの刺激をそのまま続けてください。先ほど説明したような刺激を加えたり、Gスポットを引っ搔くような感じで刺激したりすると潮吹きしやすくなりますよ。最初は怖いかもしれませんが、尿意を我慢し続け、刺激をし続けるときっと潮吹きができるはずです!

まとめ

潮吹きのレクチャーをしましたが、最初は自分のペースでやってみましょう。まずは、自分のGスポットを知ることがポイントです。ここは、快感を得ると膨らんでくるので、刺激をしているうちに把握できるでしょう。ぜひ、オナニーで潮吹きができるようになってみてください。きっと、これまで味わったことのない、新しい世界が開けるはずですよ!

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加