一人エッチのしすぎで中イキ出来なくなる?やっちゃイケない足ピンオナニー

シェアする

足ピンオナニーって聞いたことありますか?女性のオナニー方法の1つなのですが、その名の通り足にピンと力を入れたままオナニーするやり方です。女性のオーガズムと密接に関係する内腿やお腹の筋肉。この筋肉に力が入れやすく、絶頂に達しやすいオナニー方法として足ピンオナニーは知られています。今日は足ピンオナニーのやり過ぎで中イキできなくなっている方に、解決方法をご紹介したいと思います。

足ピン以外の態勢に慣れよう!

160913_02_1
足ピンオナニーの魅力は、足をピンと伸ばし切ることで内腿と腹部、お尻に力を入れやすいこと。下半身の筋肉を締め上げる力を利用してオーガズムに達するのですが、通常のセックスでは、足を伸ばしたままの状態ってほとんどありませんよね。足ピンオナニーに慣れ過ぎてしまうと、普段のセックスに支障がきたすことがあるのです。足を伸ばした状態じゃないとイケなくなると、せっかくのセックスが楽しくなくなるだけでなく、オナニータイムさえ罪悪感を抱えてしまうことになりそうですね。足ピンに頼ったオナニーをしているなら、足ピンオナニーの頻度を減らして、足を曲げた態勢のオナニーも取り入れてください。

新たな性感帯を発見して、筋力をアップさせよう!

160913_02_2
足ピンオナニーの頻度を減らすだけでなく、足ピンさせなくてもオーガズムに達せるように、普段のオナニーや性感帯を再度見直すこともおすすめします。例えば膣の中にあるGスポットの発見や、そのほか眠ったままの性感帯を発見して、性的興奮を高めるオナニーにシフトさせてみませんか。それと同時に足やお腹、お尻の筋力もアップさせたりしましょう。腹筋やスクワットなどの筋トレが嫌なら、膣の中の筋肉を鍛えましょう。膣のトレーニングによって膣圧をアップさせると、女性はオーガズムに達しやすい体が得られ、男性はペニスを締め上げられる快感を得ることができます。セックスの質が格段に上がり、男性も喜びますね!最近では膣トレーニング用のグッズも販売されているので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。膣の筋力が弱いから、足ピンに頼ってしまうのです。足の力に頼らなくても済むように工夫してみましょう。

オナニーの回数や、パターンを工夫してみよう!

160913_02_3
中イキできない理由には、足ピン以外の原因が潜んでいることもあります。例えばオナニー自体の回数が多くて、膣の感度が鈍っているのかも知れません。足ピンに加え、毎回道具を使っているとしたら、強い刺激に慣れ過ぎて、実際のセックスで快感を得づらくなっていることも考えられます。原因を足ピンだけのせいにせず、自分のオナニーの癖も振り返ってみましょう。回数が多いなら減らす、道具を多用しているなら指を使うなど、感度を上げる努力で中イキしやすい体作りをしましょう。

どうしても足ピンしたいなら、寝バックにトライ!

160913_02_4
いろいろ試してみても、どうしても足ピンでフィニッシュしたい!そんな方には、パートナーに協力してもらって、寝バックにトライしてみましょう。寝バックはペニスの挿入が浅くなるデメリットもありますが、女性にとっては足に力を籠められるメリットがるので、試してみましょう。正常位でも足を伸ばせますが、やはり抜けやすく男性にとっては難しい態勢になるでしょう。お互いが心地いい態勢で快感を得られるセックスを求めて、創意工夫あるのみです。

まとめ

足ピンオナニーに頼っている方に試してほしい解決法をご紹介しました。本来オナニーはリラックス効果や女性ホルモンの分泌を促し、女性にとってのメリットがたくさんある行為ですが、やり方次第ではセックスの質を低下させる結果につながるのです。オナニーもセックスも、どちらも楽しめるように、正しいオナニーライフを送ってくださいね!

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加