セックスで膀胱炎?!女性こそ気をつけたい性行為後の膀胱炎 | コイウラ

セックスで膀胱炎?!女性こそ気をつけたい性行為後の膀胱炎

シェアする

女性がよくかかってしまう膀胱炎ですが、この原因がセックスにも関係があることをご存知ですか?粘膜の触れ合うセックスは注意しておかなければ、病気にかかってしまう可能性を高めてしまいます。そんな、セックスによる膀胱炎についてこちらでご紹介していきます。注意点やメカニズムを理解したうえで、事前に膀胱炎を防いで再発防止に努めましょう。

そもそも膀胱炎ってなに?

161017_04_1
膀胱炎とは尿意をもよおしトイレに行く頻度が上がり、何度トイレに行っても残尿感が残るような状態に陥る病気です。酷い場合には白濁の尿が出たり、血尿が出たりすることもあります。主な原因として尿道に細菌が入ってしまい、その細菌が膀胱まで侵入して膀胱炎を引き起こします。男性に比べて女性は尿道が短いため、女性の方が膀胱炎にかかりやすく再発もしやすいと言われています。粘膜が直接触れ合うセックスは、防ごうとしなければどうしても細菌が入ってしまいます。そんな膀胱炎にまつわる、セックス後に気をつけるべきことなどセックスの悩みを解消しましょう。

セックスの前は身体を清潔にしよう

161017_04_2
セックスが原因で膀胱炎になってしまうのを防ぐのにまず始めにできることは、セックスの前にはお互いが性器をしっかり洗って身体を清潔にした状態でセックスに臨むことです。洗っていない手で性器を触られたりしたときには、細菌が侵入してしまう可能性が高まってしまいます。もちろん、洗っていない男性器を挿入することも細菌を受け入れてしまう要因にもなります。ただし、繊細な性器は優しく洗ってあげて、決してゴシゴシと強くこすって洗うようなことはしないようにしましょう。傷がついてしまい、細菌が入る新たな入口を作ってしまうことになります。

セックスのあとはトイレに行こう

161017_04_3
セックスをしたあとは、なるべく早い段階でトイレに行き尿を出すことで細菌も一緒に流してくれます。セックスの直後にトイレに行くと、ムードが壊れてしまうのを気にする女性が多いようですが、ムードが壊れるのと後々膀胱炎になって痛い思いをするのを考えたらすぐトイレに行くことを選ぶ方が良いですよね。パートナーもきっとわかってくれるはずです。ましてや、そんなことで怒ったり機嫌が悪くなったりするようなパートナーならやめておいた方が良いでしょう。膀胱炎にならないために、くせづかないようにセックス後の排尿はとても大切です。

疲労感があるときはセックスをしない

161017_04_4
疲労が蓄積されていたり、ストレスがたまっていたりするときというのは身体の免疫力が下がっています。そういう状態のときは抵抗力がないので病気にかかりやすいため、そういった状態でのセックスは膀胱炎にかかりやすくなるリスクを高めてしまう原因となります。普通の状態なら大丈夫でも、免疫力が下がっているときは身体が細菌に打ち勝てません。さらに、そんなときに膀胱炎にかかってしまうと治りにくいのも事実です。また、パートナーとなかなか会う時間がなくどうしてもその日しかないというときは、必ずコンドームを装着して細菌から性器を守りましょう。

まとめ

膀胱炎になる要因はセックスとこんなに関わりがあるんです。清潔を1番に考えてセックスを楽しみましょう。膀胱炎は1度なってしまうと再発しやすい病気です。お互いが気持ちよくなるのはもちろんですが、パートナーがきちんと自分のことを想ってくれていたら予防策にも協力してくれるはずです。セックスが原因の膀胱炎は事前の予防でいくらでも防ぐことができます。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加