「チナラ」が出るのは膣が緩いせい?「チナラ」の原因と対策 | コイウラ

「チナラ」が出るのは膣が緩いせい?「チナラ」の原因と対策

シェアする

おならのような音がする「チナラ」。セックスの悩みのひとつですよね。「チナラ」は「マン屁」や「ふ」とも言われます。「へ」の前から出るから「ふ」なんて、ちょっとかわいいネーミングですね。彼に「気にしないよ」って言われても、出てしまったら恥ずかしいチナラ。今回はチナラが出る原因を知って、しっかり対策を取りましょう。

チナラの正体とは

161115_07_1
チナラとはセックスのピストン運動のときに空気が一緒に入ってしまい、膣が収縮するときに、その空気が排出されるときに出る空気の音です。よく膣が緩いからチナラが出ると勘違いしている人がいますが、それは間違い。緩くても出ない人もいるし、締まっていても出るときは出ます。セックスをするかぎりチナラが出る可能性は誰にでもありますし、臭いもないただの空気なので、あまり気にしないでくださいね。

チナラが出やすい体位はこれだ!

161115_07_2
チナラはピストンで出し入れするときに空気が入ってしまうことが問題です。特に出やすいのが「バック」や「足を高く上げた正常位」です。バックや足を高く上げた正常位では、ペニスを膣に挿入するときに隙間ができやすいので、空気も一緒に入ってしまいがちなのです。どうしても気になる人はこの二つの体位を避けるといいですね。通常の正常位は一番密着率が高いので、正常位から始めてペニスを抜かずに体位を変えてみましょう。

濡れすぎていて出るときがある

161115_07_3
セックスの最中に濡れていて悪いことはありませんよね?挿入のときも痛くないですし、男性も「感じてくれているんだ!」と喜んでいるはずです。しかし、愛液がたっぷり出ていると、挿入のときの摩擦が少なくなるので、空気が膣の中に入りやすくなり、チナラが出てしまうときがあります。でも、チナラが恥ずかしいからといって濡れないようにするのは本末転倒ですよね?体位に気を付けつつ、濡れすぎでチナラが出たときは仕方ないと割り切りましょう。きっと彼は濡れているあなたを見て喜んでくれますよ。

骨盤底筋が緩むと出やすい

161115_07_4
骨盤底筋とは骨盤の底にある筋肉のことで、内蔵を支える役割をしています。骨盤底筋が緩むと子宮や膀胱が下にさがり、膣の緩みや尿漏れ、便秘などの原因になります。普通に生活していてチナラが出たり、お風呂に入ったときに水が膣に入ってきたりする人は骨盤底筋を鍛えるといいでしょう。

まとめ

チナラは出てしまうときには出てしまうもので、女性にとっては対策が採りにくいセックスの悩みです。そこで、チナラのことを彼によく知ってもらいましょう。おならと間違われたらより恥ずかしいですものね。鳴りやすい体位を知ってもらえれば避けてもらえるかもしれませんし、鳴ったとしても全く気にされなくなるはずです。対策を採りつつ、出てしまったときは仕方がないと割り切りましょう。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加