何回繰り返した?同じパターンの失恋をする人に共通する5つの性格 | コイウラ

何回繰り返した?同じパターンの失恋をする人に共通する5つの性格

シェアする

恋をしたことがある人で、失恋をしたことがないという人はいないのではないでしょうか。始まりがあれば終わりがあるのは、しかたがないのかもしれませんし、失恋だって、女性としての魅力をアップさせるための大事な要素です。しかし、ひとつの恋が長続きせず失恋を何回も繰り返している人には致命的な原因があるのかもしれません。「こんな経験何度目だろう」といったつらい想いを抱えながらも同じことを繰り返すスパイラルからは卒業したいですよね。幸せな恋愛に憧れている人必見、同じパターンの失恋をする人に共通する5つの性格をご紹介します。自分の性格とぜひ照らし合わせてみてくださいね!

妄想爆発!?彼への勝手なキャラクター設定

あなたは今の彼とはどうやって知り合って、どうやって仲良くなりましたか?そこそこつきあいの長い友達からステップアップした場合はお互いに、気取らない姿も知り尽くしているので付き合う前後で何かが大きくかわるということはないのかもしれません。ですが、部活やバイト先のあこがれの先輩や、よく行くお店の店員さんなど、ナチュラルにプライベートを知れる機会が少ない相手と交際がスタートしてしまった場合、イメージの中で付き合う前に設定した彼への期待値が高すぎて、付き合ってからのギャップを強く感じる場合があります。「こんなにかっこいい外見の彼なら、中身もきっと素敵なはず」や、「控えめそうな印象の彼だから、優しいタイプのはず」といった勝手な先入観で彼のことを決めつけてしまうと、実際との違いに落胆してしまうことも。「こんなはずじゃなかったのに」というあなたの思いは、ちょっとしたタイミングで彼に伝わってしまうでしょう。彼と一緒にいるときの態度に表れたり、独り言のように意識なくつぶやいてしまったりする可能性も考えられます。彼は何も悪くありません。あなたが勝手につくりあげた妄想の中のキャラクター設定を彼に当てはめてしまっているだけなのです。彼の気持ちがあなたから離れる原因にならないためにも、付き合う前は「彼はどんな人なんだろう」といった考える程度にとどめておくといいですし、目の前にいる彼のことをきちんと見て、本当に嫌だと思うことはきちんと伝えられる関係を築きましょう。

ウサギ系女子!?好きすぎて周囲が見えなくなる性格

大好きな彼と付き合えたことが嬉しくて、世界のすべてがバラ色できらきら輝いて、周囲が見えなくなる人は多いでしょう。付き合い始めの頃に体験することのひとつではありますが、度が過ぎていたりあまり長い期間続いたりしてしまうと、うんざりされて失恋につながる可能性があるので、ラブラブしてないと寂しくて耐えられないウサギ系女子は要注意。いつまででも彼と触れ合っていたくて四六時中ぴったりくっついてしまう気持ちもわかりますが、人前でイチャイチャするのが苦手な男性もいますし、まわりの人に気を遣う必要もあります。彼のことが好きだという気持ちを素直に伝えることはとても大事です。ですが、毎日、「愛してるよ」と言うし、言ってもらわないと気が済まないなどは、自分のことを信用してくれてないのかなと彼に思われてしまう可能性もありますし、そんなに何度も言わなくてもと面倒に思われてしまいがち。大事な言葉は乱発せずに、二人の記念日など、ここぞというときに口に出すようにしてみてはいかがでしょう。また、彼と離れているときも気を付けて。たとえカップルであっても、365日24時間ずっと一緒にいるわけではありません。忙しくてすれ違い、数日会えないだけでも彼のことを考えて仕事が手につかなかったり、人の話が耳に入ってこなかったりするのが周囲の人に伝わるようであれば、彼だけでなく周囲の人からの印象も悪くなるでしょう。会えないならせめて・・・と暇さえあれば電話やメールで頻繁に連絡をとろうとするのも恋を短命にするNG行動。寂しいと死んでしまうといわれているウサギだってそんなことで死んだりはしません。別々にいる時間は思い詰めず、自分磨きや、次に彼にふるまう料理の練習をするなど、有効活用して節度ある行動をこころがけて。

付き人化!?彼に対して気を遣いすぎる性格

「男性を立てられる存在になりたい」と考えている人もいるでしょう。江戸の昔から、男性の後ろを三歩下がって歩く女性がいいと言われたり、内助の功なんて言葉があるように、表立たず、そっと内側から夫を支える妻が理想とされていたり、日本では特に、献身的にパートナーを支える女性というのが良いとされる風潮があります。人を思いやる気持ちはとても大事です。ですが、彼のことを大切に想う気持ちが行き過ぎ、嫌われたくない!と顔色ばかりをうかがって、まるで付き人かのようにふるまってしまうと、彼に息苦しさを感じさせる可能性があります。彼の提案にはとりあえずイエス、黙っているときに彼が気まずそうなら一生懸命フォローする、そんなあなたの姿は一見健気ではありますが、「意思がない」、「必死過ぎる」といった印象を彼に与えるでしょう。また、あなたが気を遣っていることが彼に伝わった場合、「いつまで経っても気を許してくれないなんて、俺のことあんまり好きじゃないのかも?」という疑問を彼に抱かせることも。彼は決してあなたを思い通りに動かしたいとか、何かをやってもらうためだけに一緒にいるのではないはずです。助けてもらいたいと思う時もあるでしょうが、彼だって、あなたの支えになりたい!役に立ちたい!と思っているはずです。せっかく思いあっているのに逆に気まずい思いをさせてしまうのはもったいないです。時にはお願い事をしてみたりと甘えてみることも必要ですよ。

記憶消去!?過去の恋愛を振り返らない性格

いつまでも、終わった恋愛を思い返して「あの人いまごろどうしてるかしら・・・」なんて思うのは今付き合っている人に失礼ですし、過去は過去、想い出に浸っても前に進むことはありません。でも、つらい気持ちになりたくないからと、過去の恋愛の記憶を消去して振り返らないようにしている人は気を付けて。その恋愛はなぜ終わったのか、向き合わなければ気付けない失敗の原因を見過ごしてしまっているかもしれません。過去の恋愛に関する失敗は、次の恋愛を幸せなものにする材料として使える場合があります。「あのときは何が問題だったんだろう」と正面から向き合えば、同じパターンの失恋を繰り返さずに済むことも。
あらゆる視点から見つめなおす必要がありますから、友達の力を借りるのもひとつの方法。片想いの時からあれこれ相談をしたり、彼氏ができてからもいろんなことを話していたでしょうからあなた本人より詳しく、かつ冷静に状況を覚えてくれているかもしれません。「あの時の私どうだった?」と客観的な立場からの意見を求めてみると、見えなかったものが見えてくるかもしれませんよ。

魔王降臨!?ネガティブな考えに陥りやすい性格

ネガティブな考えに陥りやすい人は、自然と恋愛を遠ざけてしまうことがあります。ちょっぴりイジワルな部分が見え隠れするのは小悪魔的でかわいく見えることもあるかもしれません。でも、なんでもネガティブにとらえたり、悪口ばかり言っていては小悪魔どころか魔王になってしまいます。自分に自信がなく、あらゆる局面で「どうせ私なんて」というスタンスでは、彼は二人の時間を楽しむことができません。彼はあなたと付き合うことを了承してくれているのです。魅力的だと思っているからこそ一緒に居るのですから自分にマイナス評価をつける必要はありません。また、そんな自信のなさのせいかSNSや会話の中で他の人や物に対しての悪口を言いがちなのはNGです。ネガティブなワードは魅力を減らしでいきます。他を貶めてもあなたの価値が上がるわけではありません。人を下に設定するよりは素直に自分が向上するほうが人間としても素敵になれます。いつも強い自分でいる必要はなく、本当につらい時や悲しい時は彼を頼るほうが二人の関係をよくしてくれる場合もありますし、無理して何かを返そう、与えようとする必要もありありません。あなたの笑顔があるだけで彼にはとても価値があることで、一緒にいて良かったと思ってもらえることでしょう。付き合っていることを楽しめるようポジティブな気持ちを心がけてみましょう。一方で、ポジティブさを彼にアピールするときはタイミングが肝心です。彼が落ち込んでいるときや、テンションがあまり高くないときには、場の雰囲気に合わせることも大切にしてくださいね。

まとめ

同じパターンの失恋を繰り返す人は、原因となる性格が共通していて、どこかひとりよがりになってしまっているのかもしれません。「何で毎回幸せになれないんだろう」と悲しむ前に、まずは自分の性格を見つめ直してみましょう。ご紹介した5つの性格に当てはまる部分がある人は、少しの気持ちの変化や改善する意思によって、失恋を防げる場合もあります。次こそは幸せな恋愛を、と考えている人はぜひ参考にしてみてください。きっと大好きな彼と幸せになれますよ。付き合うというのは気持ちの上でも1人が2人になるのです。1人で考えすぎずに彼と2人で相談しあいながら良い関係を築く努力を。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加