ピンチ!社内恋愛がバレてしまったときのスマートな対応とは? | コイウラ

ピンチ!社内恋愛がバレてしまったときのスマートな対応とは?

シェアする

恋愛にはいろいろな形がありますが、社内恋愛も代表的な形のひとつです。職場で毎日顔を合わせるうちに、もしくは一緒に仕事を進めていくうちに、お互いが好意を抱き恋愛に発展していくということは自然な流れですよね。しかし、社内恋愛は誰にもバレることなく進めることができればいいですが、バレてしまった場合自分たちや周りの人々に影響を与えてしまうことがあります。なるべくみんなが良い環境で仕事ができるように心がけたいですよね。ここでは、社内恋愛がバレたときのスマートな対応についてご紹介しましょう。

まずは信頼できる上司に相談してみる

社内恋愛は秘密にしていようとしてもバレてしまうことはよくあります。なんとなく日々の態度から気づかれてしまったり、休日にふたりでいるところをたまたま職場の人に見られてしまうなど、きっかけは様々です。もし、ふたりの関係がバレた場合、多くの人にいろいろな影響を与えることになるでしょう。そこで、二人の気持ちがしっかりと固まったならば、できればバレる前に、ウワサが流れてしまっていればできるだけ早く、信頼できる上司に相談することをおすすめします。先にきちんと話しておくことで筋を通すという意味もありますが、業務に影響を及ぼす可能性があるので何等かの対処しておいたほうが良い場合も多いからです。さらに、今後も自分たちの味方になってくれることがあれば、周りに迷惑をかけることも回避できてふたりの交際もスムーズに進めることができるようになるかもしれません。ふたりの関係を公にしない前提の場合、話してしまうことで、その上司の方を二人の関係に巻き込んでしまうことにもなりますので、くれぐれもその後の言動には気を付けましょう。

同じ部署の人に知らせておく

できればふたりの交際がバレる前に、同じ部署の人にも知らせておくというのも、後のトラブル回避には有効な方法です。特に、付き合っているふたりが同じ部署といった場合、なんとなく「付き合っているらしい」というウワサが流れているだけでは、周りの人も余計な気遣いをしてしまい、対応に困ってしまうことがあるからです。多少ウワサが持ち上がった段階でも十分なので、タイミングをみてしっかりと、ふたりが付き合っている事実を同じ部署の人に知らせましょう。それによって、なんとなくそうかも…と気になっていた人も周りの人もその事実を受け入れて、割り切って仕事を進めてくれることでしょう。ただし、付き合っている宣言をしたからといって、安心して職場でベタベタした関係をみせてしまうと、皆に気まずい思いをさせてしまうので十分に注意してください。

親しい同僚を味方につけておく

同期や先輩など、いざというときに手を貸してくれる人を味方につけておきましょう。もし、ふたりで同じタイミングで休暇をとるなど周囲の人の目を気にしなければいけないことがあっても、うまく代わりに対応してくれる可能性があるからです。しかし、手助けをしてくれるからと言って甘えすぎは禁物。助けてもらえる状況というのはあたりまえではありません。相手にとっては負担にもなりますので、本当にふたりだけではどうしようもない場合などに絞りましょう。協力をしてもらったらふたりから感謝の気持ちを伝えることを忘れないでください。食事に招いたり、プレゼントを渡したりとお礼の気持ちはしっかりと伝えましょう。ただし、あまりに頻繁であったり大げさになってしまうと、逆に気を使わせてしまいますし、度が過ぎると嫌味になってしまうのでほどほどに。

職場でベタベタしない

バレてしまうまでは、ふたりだけの秘密というスリル感もあり、見えないところでベタベタするカップルもみられます。しかし、もしふたりの関係がバレるようなことがあれば、より一層、しっかりと気をひきしめて、一切そういった素振りはみせないように努めましょう。周辺の人にとっては、カップルが近くにいるというだけでも余計な気を使うことになって、正直、めんどくさい状況であるのに、さらにベタベタしているところをみせつけられると、不快な気持ちになってしまうことも少なくないでしょう。自分たちではベタベタしていると思っていなくても、「ふたりは付き合っているから」という色眼鏡でみてくるひともいるかもしれませんから客観的な視点を持つことも忘れずに。会話の仕方などにも注意が必要です。仕事の場においても、普段プライベートで呼んでいる愛称やあだなで呼び合ったり、プライベートと変わらない話し方をしているとビジネスの場にはそぐわない場合も多いです。フランクな職場では愛称やタメ口もOKだったりもしますから、社内のルールにのっとって、幼稚に見えないように最低限のマナーは守りましょう。いくら一緒にいるからと言っても職場は職場。プライベートとは分けて、社会人をしてはずかしくない節度ある行動をするようにしましょう。

結果がどうであれ、態度を変えない

恋をすると、片思いの間は、なにはともあれ両想いになることばかりを考え、気になる彼が自分を想ってくれる日のことを想像しますよね。ですが、両想いになって付き合えたらそれで終わりではなく、むしろそこからが始まりです。時には、ケンカをして顔も見たくないという日もあるでしょうし、付き合いが続いていけばその先には必ず、結婚か破局のどちらかが待っています。結婚となるとそれぞれ会社にルールがあったりもしますから、事前に確認をするなどして二人で話し合い、前に進んでいくだけで良いのですが、もし破局してしまった場合、会いたくなくても毎日顔を合わせなければなりませんし、お互いが納得して別れることを決めたならばまだ冷静でいられるかもしれませんが、どちらか片方から別れを切り出した場合、まだ気持ちが残っている間に相手には新しいパートナーができてしまったり…など、知りたくないことを目にすることもあり、地獄のような日々にもなりかねません。そういった日々に耐えられず中には、社内恋愛の破局が原因で退職してしまうというケースもあるようです。当然次の職場を探すという手間もリスクもかかりますし、社内恋愛で付き合って別れたからといってそう簡単に何度も転職をするわけにもいきません。そもそもの部分でこういったリスクも考えてから関係をスタートさせる必要がありますし、恋愛はごくプライベートな問題なので、自分たちが気まずい思いをするのはしかたがないとしても、決して周囲の人には迷惑をかけてはいけません。お互いに、今まで通り仕事を続けていくのであれば、なにがあっても受け止める覚悟で、周囲の人も心地よく仕事ができるような環境づくりをしかりとしていきましょう。

まとめ

社内恋愛は、お互いがいつも顔を合わせているので幸せを感じることができます。また、バレていないうちは、通常の恋愛よりもスリルを感じることができるため、より刺激的に感じられるのです。しかし、もしバレた場合、自分たちふたりだけの問題ではなくなります。まずは、周囲の人への配慮を第一に考えるようにしてください。幸せな社内恋愛を続けるためには、たくさんの根回しや、努力が必要になるということを頭にいれておきましょうね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加