幸せになるために…。恋愛依存症から抜け出すために試して欲しいこと | コイウラ

幸せになるために…。恋愛依存症から抜け出すために試して欲しいこと

シェアする

いつも恋愛が辛くなってしまう。恋愛していないと、恋人がいないと不安になる。相手に尽くして尽くして重い女になってしまう。そんなあなたは恋愛依存症かも・・・。恋愛とは本来幸福なもの。辛くて苦しい恋愛からは卒業して、笑顔のあなたを取り戻すためにできることをご紹介いたしましょう。

見返りを求める気持ちを捨てましょう

恋愛依存症の人は、誰かに認められたい、褒められたい、愛されたいという気持ち、いわゆる承認欲求がとても強い傾向にあり、また、見返りを求める気持ちも強い場合が多いです。「私はこんなに愛しているのに彼は愛してくれていない」「私はあの人のことをこんなにも必要としているのに、彼は私なんかいなくても平気みたい」そんな考えが頭の中をループして、苦しくなってしまうのです。そうなってしまいそうな時、あなたに思い出して欲しいことがあります。あなたは、彼が自分のことを想ってくれる、想ってくれているから好きなのですか?最初に好きになったときはどうだったでしょうか?彼の方から告白をされたから付き合ったという人もいるかもしれませんが、恋愛依存症に陥っている場合は自分から相手を好きになることのほうが多いのではないでしょうか。恋愛は、カップルであっても実は一方通行の想いなのです。「これだけ愛したから同じだけ返して」とか「こんなに愛をもらったから返さなきゃ」というものではなく、実は一方的に想い、想われるものが自然と循環しているのがカップルです。人を好きになる気持ちは毎日をドキドキワクワクにしてくれて、とても楽しいものであり、辛く感じるのは、傾けた愛情に対して見返りがないと思う、身勝手な感情です。今辛いと感じることのほうが大きければ、自分の想いよりも「返してほしい」と思う気持ちのほうが大きくなっているのです。返ってくるもののことは忘れ、自分の中の「好き」を磨いて、好きな人が、離したくないと思ってくれるような自分になる努力をしてみてはいかがでしょうか。

うちこめることを見つけましょう

好きな人のことを考えている時間はとても楽しいものだと思います。ですが、それが大きくなりすぎて自分でも重くなってしまっているのではないでしょうか。他のことに気をむける時間が必要になっているのです。趣味でも仕事でも、何か夢中になれることを見つけて、脳内で恋愛が占めている割合を下げるようにしましょう。集中力が必要な、細かく複雑なものや、無心になれるスポーツなどにとりくむのがおすすめです。もし何もなければ、壁紙から貼り替えるような大胆な部屋の模様替えも気分が変わって良いかもしれません。余暇だけでなく、これを機に新規プロジェクトのチームに手をあげてみてはどうでしょうか。思い切って部署移動を上司にリクエストしてもいいでしょうし、もろもろの事情が許せば転職だってありです。いままでやったことのない新しい趣味を探してもいいですし、何の知識もない全く新しい習い事にトライするのも素敵ですね。外国語を習うなどは仕事においても活躍の場が広げられ、スキルアップにつながって一石二鳥です。とにかく、恋愛を毎日の生活の中心にしないことが大切です。そもそも恋愛とは、毎日の生活のプラスアルファ、ちょい足しのスパイスでないといけないのです。どうしても恋愛に依存していまいそうならば毎日仕事や趣味で忙しくして、恋愛脳の比率を自然と下げられるようなライフスタイルを確立しましょう。毎日が充実していると、それだけでもあなたはキラキラと輝いて見えるはずです。また、新しい仕事や趣味によって交友関係も広がり、あなたの人生に大きな影響を及ぼすこともあるかもしれませんよ。

友達との時間を大切にしましょう

恋愛依存症の女性は、片想いであれカップルであれ、今目の前にある恋を失うことへの恐怖感が強すぎるため、ついつい彼のために使う時間を優先してしまいがちです。友達と会っていても、彼から連絡があるかもとか、彼の行動を知りたいからとSNSを頻繁にチェックして携帯ばかり気にしていたり、彼とのデートが入るかも知れないからと友達のお誘いを全部断ったり。これでは人間関係が崩壊してしまいます。友達はあなたの味方なはずです。一度、友達とゆっくり語る時間を作りましょう。気の置けない友達と、時間を忘れて語り合ったり、美味しいものを食べたり飲んだりする楽しみも大切なことです。その時は思い切って携帯を家に置いていくなど、余計な情報はシャットアウトして友達と会うことに集中できるようにしてみても良いかもしれません。辛い胸の内を話し、相談に乗ってもらえば、きっと辛いあなたの気持ちを理解してくれて、あなたが恋愛依存症を克服できるように、アドバイスをくれたり協力してくれたりすることでしょう。彼のことにばかり気を取られて、忘れがちになっている友達との時間が、何にも代えがたい楽しいひとときだということをもう一度思い出してみてください。一つ気をつけなければならないのは、女同士の気安い勢いに乗ってしまわないこと。友達と盛り上がったことはあくまであなたと友達との間での話であって異性の彼とは感覚が違っているはずです。お酒の勢いで飲みの場から彼に電話したりすると嫌がられることも多いので気を付けましょう。

恋愛のルールを決めましょう

自分で自分にルールを課すことも有効です。自分から送るLINEやメールは1日に1回、電話は週に1回にする。彼のSNSを頻繁にチェックしないようにする。ネガティブな思考にはまりそうになったらジョギングに行く・・・など、自分でルールを書き出しておきましょう。恋愛にルールなんてない、という言葉をよく聞きますが、それは「恋愛のルールを決めていいのは本人だけで、他人がとやかく言うことではない」ということなのです。ルールを決めることにより、なし崩しにマイナス思考になだれ込んでしまうことを事前に防げますし、徐々に自立した女性へと成長していくことができるでしょう。1日1回のメールを使うタイミングは今かな?本当に伝えたいことかな?と自分の中で精査する癖がつくと、ある程度冷静になれて思い詰めることが減っていくことでしょうし、こうやってモヤモヤは発散するぞ!と決めたことを実行すれば自ずと気も晴れていくはずです。最初から「一か月間一切彼には連絡をしない!」などあまり厳しいルールにしてしまうとストレスも溜まりますし、すこしずつ「このくらい、まいっか」とルーズになってルールの意味がなくなってしまうので要注意。守れなくなりそうになったら、なんのために、なぜルールを作ったのか思い出してください。ただ窮屈にするためのものではなく、今回自分が自分に課すルールは、幸せになるための必須項目。前に進むためのルールなはずです。「このルールを守り続けたら、私はもっと魅力的に、幸せになれるんだ。」と自分に強く言い聞かせましょう。自分を律することができるようになれば、無駄に苦しい思いもせず、自立した恋愛だってできるようになるものです。

まとめ

幸福な恋愛とは、自立した恋愛のことです。自分に自信をもって、自分自身を愛することができれば、恋愛依存症から必ずサヨナラできるのです。本来、恋愛とはあなたが幸せになるための神様からのプレゼントでなければならないのです。次にあなたが流す涙は、愛し愛される悦びに胸が震えるうれし涙であることを強く願ってやみません。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加