社内恋愛不倫のきっかけは? ばれた場合はクビ?それともお咎め無し? | コイウラ

社内恋愛不倫のきっかけは? ばれた場合はクビ?それともお咎め無し?

シェアする

一言で不倫といっても色々ありますが、今回は「社内不倫」という特殊なケースの不倫をご紹介。毎日顔を合わせる会社という場所での上司と部下、同僚、先輩と後輩など様々な社内的関係から「社内不倫」という特別な関係に発展してしまうきっかけとは一体何でしょう。会社にばれてしまった時の会社の対応も合わせてご紹介します。

2人きりの残業や出張がきっかけ

160705_01_1
社内不倫のきっかけで多いといわれるのは、2人きりの残業や出張。誰もいないオフィスや出張先では、頼れる相手がその時一緒にいる相手になってしまうため、普段より多く話をする機会が増えてしまうかもしれません。頼りがいのある相手に特別な感情を抱き、また頼られているほうも悪い気はしないので、比較的社内不倫に発展しやすいのです。

飲み会がきっかけで社内不倫へ発展する

160705_01_2
会社という組織に飲み会はつきもの。社員同士の親睦を深めるために飲み会を行う会社も少なくないはずです。ぐっと距離が近づくお酒の席において、お酒が入ってタガが外れてしまい、結婚している相手に対する理性が吹き飛んでしまうのです。よくあるパターンでは、二次会や三次会など長い時間飲んでいるうちに、なんとなくいい雰囲気になってしまうことや、帰りのタクシーで2人きりになって、流れで関係を持ってしまうことがあります。

仕事の相談に乗ってもらう

160705_01_3
先輩社員や上司に相談に乗ってもらったことがきっかけで社内不倫に発展することもあります。仕事の相談なので最初は下心などないのですが、熱心に話を聞いてもらっていると相手に対する気持ちの変化が現れてきます。「頼りになる相手」と認識してしまうと、相手が魅力的な人に思え、恋に落ちてしまいます。また、頼られているほうも頼ってくれる後輩や部下が可愛く思えるようになります。そして、可愛く思っている相手から好意を寄せられていると気づけば、社内不倫に発展するまで時間はかからないでしょう。

社内不倫がばれた時の会社の対応とは

160705_01_4
会社によって異なりますが、既婚者である側の配偶者が会社に怒鳴り込んで来たり、電話をかけてきたりした場合は、「会社の規律秩序を乱す行為」として処罰の対象になることが多いです。不倫関係が社外に漏れた場合には、取引先の信用を失うことになるので解雇または左遷という処罰を受けることになるでしょう。特に処罰されない場合としては、「社外に漏れていない場合」や「証拠がなく噂程度の場合」が多いです。ですので、確実に証拠を掴まれていない場合には「知らないふり」で通用します。しかし、噂が立つことによって周囲から冷たい目で見られることからは逃れられず、居心地が悪くなって退職してしまうケースが多いようです。

最後に

「社内不倫」のきっかけとばれた場合の会社の対応についてご紹介しました。毎日顔を合わせることでひょんなことからお互いのプライベートな部分を知ったり、家庭の事情を知ったりと社内には不倫に発展する要素はたくさんあります。若い女性が不倫にどっぷりハマってしまうことも少なくないのです。会社の対応としては、やはり会社にとって不利益なことと判断されない限りは解雇を逃れられるようです。しかしたくさんの人がいる会社では、周りに悟られないようにするのは至難の業ですので十分に気をつけることをお勧めします。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加