夫がpairs(ペアーズ)で知り合った女と不倫!不倫女への制裁方法まとめ | コイウラ

夫がpairs(ペアーズ)で知り合った女と不倫!不倫女への制裁方法まとめ

シェアする

「ここなら出会える!」と有名な「pairs」をご存知ですか?本来は、本気で恋人を探している方向けのアプリなのですが、操作方法が簡単なこと、マッチング機能で出会えることから、既婚者の利用が増えているのが現状です。そんな「pairs」を利用して、配偶者が不倫していたとき、不倫相手への制裁は可能なのでしょうか?不倫相手への制裁方法についてまとめてみましたので、ご覧ください。

「pairs」とは?

161007_02_1
Facebookを利用している男女なら登録することができるアプリです。しかし、Facebookにこのアプリを利用していることは流れないため、周囲に気付かれにくいという特徴があります。また、「pairs」の最大の特徴である「マッチング機能」で、身近な人や同じ目的を持つ人と簡単に出会える機能があるのです。そのため、手軽で簡単に出会えることから、不倫に利用する方が増えています。女性の中にも、身体の関係目当ての方はいらっしゃいますから、そういった方と不倫目的の方がマッチングしてしまうと、とんとん拍子に事が運ぶのでしょう。

「pairs」は既婚者の利用不可なのに・・・

161007_02_2
「pairs」は、本来婚活アプリなので、既婚者の利用は禁じられています。しかし、Facebookのステータスが既婚になっていても、「pairs」内のプロフィールでは簡単に独身であると偽ることができるので、既婚者の利用が後を絶ちません。この詰めの甘さが、不倫をされる被害者を出すことになるのでしょう。もちろん、一番悪いのは独身と偽ってアプリの利用をしている既婚者たちなのですが、なかなか割り切れないのが不倫をされた方の正直な気持ちですよね。

不倫相手へ制裁する前に

161007_02_3
夫が「pairs」で出会った女性と不倫をしていることが発覚した場合、カッとなってすぐに問い詰めたくなってしまいますよね。しかし、まずは一呼吸おいて、証拠を集めましょう。証拠がなければ、不倫として認められる可能性がかなり低くなってしまうのです。また、制裁をするときには、「内容証明郵便」というものを送りつけなければならないので、住所や名前は最低限必要になってきます。そのため、きちんと証拠や相手の個人情報を確保しなければなりません。証拠集めの手段として、一番良いのは「探偵」や「興信所」を利用することです。顔も知らない相手に、尾行されていると思っている人間は、なかなかいないでしょうし、自分の不倫がバレていると思いながら不倫する人間もいません。そのため、探偵などを雇って尾行し、ラブホテルから出てくる写真などの決定的証拠をつかむのです。とはいえ、費用が気になるものですよね。そういった方は、まず無料相談をすることをおすすめします。探偵や興信所などは、利用者が利用しやすいように、無料相談を行っているところが多いので、ぜひ一度電話してみてください。

証拠集めができたら

161007_02_4
証拠集めが完了したら、いよいよ制裁を始められます。興信所から知らされた不倫相手の住所に「内容証明郵便」を送りましょう。内容証明郵便とは、どんな相手にどんな内容を郵便局が証明してくれる制度のことです。証明してくれる第三者がいれば、「知りません」という言葉は通用しません。そのため、制裁をする相手へ内容証明郵便を送るのは、必要不可欠になってきます。また、不倫相手の会社が判明している場合、会社に送ることも手段のひとつです。これは、社会的制裁を意味し、不倫がバレて会社に居づらくなることを目的として行う方が多いでしょう。

慰謝料請求をする

161007_02_5
内容証明を郵送する際、慰謝料の請求も行いましょう。慰謝料を請求するのは、簡単なことですが、ふたりが不倫を始めるきっかけが「pairs」であること、どちらからアプローチしたかで金額が違ってきてしまいます。しかし、金額が変わってくるのは、裁判までいった場合のみで、示談で相手と決めたことならば、慰謝料の額が多くても、相手が了承していれば問題ありません。裁判までいってしまうと、「pairs」はもともと独身をターゲットにしたアプリですから、不倫相手が「独身だと思っていた」と言ってしまえば、慰謝料の請求すらできなくなる可能性もあるのです。それを回避するためには、夫が既婚者であることを、知っているという証拠が必要になります。裁判で一度決められたことは、なかなか覆せないため、なるべく示談で終わらせたいと思う方が多いのは、こういった理由からでしょう。

まとめ

出会い系アプリ「pairs」で夫の不倫が発覚したときの、不倫相手への制裁方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?不倫というのは、ひとりで成り立つものではありませんが、相手の素性のわからないSNS上での不倫は、制裁まで持ち込むのに少し時間がかかる場合もあります。そのため、制裁を誓ったら、証拠集めの期間は辛い思いをすることを覚悟して、証拠集め、内容証明、慰謝料請求と進んでいきましょう。辛い期間があった分、きっとあなたは幸せになれますよ。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加