旦那の不倫相手が妊娠!不倫相手の女が妊娠した際の解決法 | コイウラ

旦那の不倫相手が妊娠!不倫相手の女が妊娠した際の解決法

シェアする

不倫のような周囲に秘密の甘い関係は、スリルがあってハマってしまう人もいるかもしれません。もし、その秘密が妻にバレてしまったら?旦那が不倫していただけでもショックなのに、相手の女が妊娠してしまったと知ったらどれほどショックなことでしょうか。一度宿った命はどうすることもできません。旦那や相手の女をいくら責めても子どもはどんどん成長します。そんな時はどう対処すればいいのか、解決法をご紹介しましょう。

産まないという決断をする

160913_09_1
旦那に離婚の意思がなく、遊びの関係であったのに相手の女性が思わず妊娠してしまった場合、産まないという決断もあります。堕胎の費用のみを負担すれば男性にとってはすべてが解決するため離婚の意思がない場合や妻に不倫がバレたくない場合にはこの方法が一番に思い浮かぶでしょう。最終的に産まないという決断をするのは女性ですが、男性が出産を望んでいない場合はしっかりと意思表示することが重要です。一人で子どもを育てるということは想像以上に精神的、体力的、金銭的に大変であることも不倫相手には理解してもらっておくことも大切になります。

妻は不倫相手に慰謝料を請求することができる

160913_09_2
妻に離婚の意思がない場合には、結婚生活を継続することもできます。その場合には、不倫相手の女性にきちんと慰謝料を請求し、旦那との関係は絶たせましょう。もし不倫相手がそのまま出産し旦那に認知を求めてきた場合、裁判所が親子関係を認めると認知を拒否することができません。その場合養育費が発生し、財産の相続権も子どもには認められることになります。不倫解消の際には相手の女性から慰謝料をとれますが、もしかしたら長い間養育費を支払い続けなければいけない可能性もあるため、そういったことがあるということも覚えておきましょう。

離婚して夫と不倫相手に慰謝料を請求する

160913_09_3
不倫相手の女性が妊娠して不倫が発覚した場合、妻は夫に離婚と慰謝料を請求することができます。不倫相手の女性にも慰謝料を請求できるので、離婚という選択をし、有能な弁護士をたてて、不倫という秘密の関係を楽しんでいた二人からしっかりと慰謝料を取ってやりましょう。二人だけが幸せになり、自分が身を引くというのは悔しい気持ちもあるかもしれませんが、不倫をした二人が幸せで何事もなく過ごせるほど世の中甘くありません。慰謝料を取ってさっさと見切りをつけ新しい人生を歩むのが一番かもしれませんね。

認知をしてシングルマザーとして出産し育てる

160913_09_4
夫に離婚の意思がないが、出産に同意している場合、出産すると決めるポイントとなるのは、認知するかどうか。認知すると法律上では親子関係が成立し、両親の夫婦関係がなくてもその子どもの親であることが認められます。認知すると父親には子どもの扶養義務が発生し、成人するまで養育費を支払わないといけなくなります。また、財産の相続権も認められているため、認知するのはいろいろなことを考慮して対応を検討しなければいけません。さらに、シングルマザーとして一人で子どもを育てるというのは想像以上に精神的にも体力的にも過酷です。それを十分に理解してもらった上で、納得したならシングルマザーという決断も一つの方法でしょう。

まとめ

普通の結婚生活での妊娠は大変喜ばしいことですが、不倫の末の妊娠は不幸しかないでしょう。ほんの遊びのつもりで不倫をしている人もいるかもしれませんが、不倫相手と体の関係がある以上、絶対に妊娠しないとは言い切れません。一歩間違えば人生において取り返しのつかない重大な過ちを起こしてしまう可能性があるのです。不倫相手の妊娠には解決法はないのかもしれませんね。かならず避妊をすること、さらには不倫をしないことが最大の対処法です。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加