既婚男性とのキスは不倫になる!?不倫の慰謝料発生条件を知っておこう | コイウラ

既婚男性とのキスは不倫になる!?不倫の慰謝料発生条件を知っておこう

シェアする

不倫の定義というものをあなたはご存知でしょうか?家庭や人により許せる範囲というものは違ってきますよね。「パートナーに内緒で密会したら不倫」と思う方もいれば、「キスをしたら不倫」という方もいると思います。しかし、法律的に不倫と認められる行為はきちんと定められているのです。そこで今回は、不倫の慰謝料が発生する条件をご紹介します。これらを理解していることで、理不尽な慰謝料を請求されずに済むかもしれませんよ。

法で定められている不倫の定義

161004_01_1
法律上で不倫、いわゆる「不貞行為」と認められるのは、きちんとした定義が設けられています。その定義とは、「配偶者のある者が、配偶者以外の異性と自由な意思で、肉体関係を持つこと」です。配偶者というのは、婚姻届を提出した正式な夫婦だけではなく、内縁関係の夫婦や、婚約中の恋人同士も対象になります。よく、「結婚する前に、彼女以外と遊んでおきたい!」と言って、婚約中の身なのにも関わらず、よその女性をつまみ食いする男性がいますよね。これは、立派な不貞行為とみなされ、慰謝料請求の対象になるのです。「まだ籍を入れていないから、不倫じゃない!」という言い訳は通用しません。

キスだけでは不倫にならない!

161004_01_2
法律上の肉体関係とは、いわゆるセックスのことです。そのため、既婚者が配偶者以外の異性とキスをしたとしても、不倫での慰謝料請求をするのは、比較的難しいといわれています。そのため、肉体関係がない場合には、不倫の慰謝料請求をされることは、ほぼないと思ってよいでしょう。また、既婚者との肉体関係があった場合も、証拠がなければ慰謝料を請求することは、なかなかできません。しかし、いまや「探偵」や「興信所」を利用する方は増えており、自分は完璧に隠していたつもりでも、全くの他人に尾行されているなど、考えもしませんよね。そのため、既婚者の配偶者が探偵などに依頼してしまうと、簡単に証拠をつかまれてしまうので、注意しましょう。

相手が既婚者であることを知らない場合

161004_01_3
上記で書いたように、証拠がなければ慰謝料の請求がされることはありません。また、相手のことを既婚者だと知らなかった場合も、慰謝料は発生しないのです。しかしこの場合は、相手が完璧に既婚者であることを隠していることが条件で、「あなたが少し気をつければ、既婚者であることに気付けていたのでは?」と思われてしまったら、慰謝料を支払う必要が出てきてしまいます。また、既婚者であることを本当に知らない場合も、彼が独身であると言っていた証拠が必要なので、証拠がない場合には、残念ですが慰謝料を支払うしかないでしょう。

相手の夫婦関係が破綻している場合

161004_01_4
不倫をする人間は、大体が「妻(夫)との仲は冷え切っている」と言うでしょう。しかし、夫婦関係の破綻を証明するのは、なかなか難しいものなのです。そのため、一方が夫婦関係は破綻していることを主張したとしても、セックスレスや夫婦の会話がない証拠を提示しなければ、「夫婦関係の破綻」とは認められません。また、実は夫婦関係が良好だった場合、相手の「夫婦関係は破綻している」という言葉を信じたばっかりに、不倫で慰謝料請求される対象となりますので、十分気をつけてください。

まとめ

不倫の慰謝料が発生する条件をご紹介しましたが、いかがでしたか?既婚者である相手を好きになってしまうのは、仕方のないことかもしれません。しかし、肉体関係を持ってしまっては、「慰謝料」というものが発生してしまうことをしっかりと理解しておきましょう。また、既婚者とキスをしてしまったという場合にも、今の時点では慰謝料請求の対象にはなりませんので、これから先に進むのか、キスだけで終わらせるのか、今一度よく考えてみてくださいね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加