不倫離婚する人が増加中!?社内不倫に走る5つの原因 | コイウラ

不倫離婚する人が増加中!?社内不倫に走る5つの原因

シェアする

芸能人の間でも「ゲス不倫」など、さまざまなケースの不倫が話題になってきました。日本の浮気のうち、およそ3割は社内不倫ということが言われています。さらに、社内不倫が遊びではなく本気になってしまい、その結果、不倫離婚する人が急上昇しているそうです。では、なぜ人は社内不倫に走ってしまうのかその原因を探ってみましょう。

毎日会える

160926_05_1
社内不倫の最大の特徴、仕事で毎日会えることが恋愛の引き金をひいてしまう最大の理由です。極論、結婚相手とは夕飯を共にし、寝てしまえば1日数時間しか一緒にいません。朝から夕方まで、長い時間を共有することができる社内不倫。さらに、その時間が仕事などで充実していることから、相手の事を良く知ることができ、恋愛関係に発展する可能性が高いと言えます。さらに、外での不倫に比べて、合う時間をわざわざ作らなくても毎日顔を見られるという家庭の状況は愛が冷めやすく、社内不倫が長く続きやすい要因です。

共通の話題が多い

160926_05_2
基本、男性というのは女性の話を聞かない傾向があります。それが結婚相手にもなると、お互い自分のことで精いっぱいで、妻の仕事の話を真剣に聞きたい!という男性は少ないでしょう。そんな時、仕事の話を真剣に聞いてくれたり、仕事の悩みを相談できたり、楽しく職場の話ができる男性に心を開いてしまうのは必然です。女性という生き物は、話したい生き物。なにか言ってもらいたいわけじゃない、ただ真剣に自分の話に耳を傾けてくれる、それだけで恋してしまう可愛い生き物と言えます。

信頼が愛情へ変わる

160926_05_3
女性は、社内の既婚男性に対し、はじめから恋愛対象に見るということはしないでしょう。そんな女性が社内不倫に走ってしまう原因の一つには、「信頼」が関係しています。仕事のミスをカバーしてくれる、いつも優しくサポートしてくれる、仕事ができるなど、仕事上での信頼を仕事仲間という関係上だけでなく異性としても信頼し、それが恋愛へと発展してしまうのです。尊敬とも近い信頼関係からはじまった恋愛は本気になりやすく、彼が既婚ということも社内不倫だということもお構いなしになってしまいます。

バレないかドキドキ感が刺激的

 
160926_05_4
社内不倫は、毎日会えて幸せなことばかりではありません。やはり周りの目というものがありますので、必要以上に話せない、イチャイチャできないなど、フラストレーションがたまります。そのフラストレーションが、会った時に爆発してさらに恋が燃え上がるのです。さらに、周りの人にバレない様にアイコンタクトしたり、手を繋いだり、そのドキドキ感がまた刺激的で社内不倫にハマってしまう原因と言えます。内緒の恋愛は刺激的です。

非日常的な時間

 
160926_05_5
仕事をしていると家庭内とは違い、飲み会や懇親会、会社のイベント、出張や社員旅行など、非日常的な時間を過ごすことができます。例えば、まじめな上司が酔うと可愛く見えたり、社員旅行で普段スーツだった同僚がオシャレな私服で仕事では見せない表情を見せる、といった場面。それだけで異性としての魅力を感じたり、恋愛に発展してしまう危険性があり、その人の根本を良く知っているからこそ陥る状況です。家庭でのつまらない日常とは違い、非日常的な楽しい時間が社内不倫へ走る原因となるのでしょう。

まとめ

社内で長い時間を共有し、一緒に仕事をしている環境は、いつ恋に発展するか分からない状況です。社内結婚するカップルが多いことからわかることですが、社内にいる男女は恋愛に陥りやすく、今やそれが既婚男性でも既婚女性であっても起こり得ると言えるでしょう。もしもバレてしまった時には、最悪の場合、職を失ってしまうなどのリスクを背負っていることを忘れずに、大人な行動をしてくださいね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加