不倫がバレた!慰謝料請求された場合の対処法! | コイウラ

不倫がバレた!慰謝料請求された場合の対処法!

シェアする

不倫がバレて、相手の配偶者にいきなり慰謝料請求された!そんなとき、動揺して慌ててしまいますよね。しかし、落ち着いて請求額を確認してください。不倫の慰謝料は、相手の家庭の状況、自分の状況によって変わってきます。更には、相手が既婚者だと知らなかった場合など、慰謝料を払わなくて済む場合もあるのです。そこで今回は、不倫がバレて慰謝料を請求されてしまったときの対処法を状況別にご紹介します。

不倫の事実を理解しながら付き合っていた場合

160829_03_1
まず、不倫とわかっていながら相手と交際していた際は、慰謝料を支払わなければいけません。しかし、不倫の慰謝料請求は一定の条件を満たしている場合にのみ請求することができ、場合によっては減額することが可能です。まずは、あなたが「反省している」という態度を相手の配偶者にしっかりと見せましょう。相手とはもう会わないことを約束し、その約束をきちんと守ってください。また、収入が低く、資産もない場合にはその状況をきちんと伝えることが大切です。裁判まで進んだ場合には、支払う側の収入や資産状況によって慰謝料を決定します。そのため、自分の資産状況を相手側にきちんと伝え、減額の交渉をすることが可能なのです。

相手が既婚者ということを知らなかった場合

160829_03_2
不倫を理由として慰謝料を請求することが可能なのは、既婚者であることを知っていた場合のみです。そのため、相手が既婚者ということを知らなかった場合には、支払う必要はありません。さらに、独身であると騙されたとして、相手を訴えるケースも過去に存在します。しかし、既婚者ということを知らなかったことに、「落ち度」がある場合には、慰謝料を支払う可能性も出てくるので注意してください。例えば、相手が結婚指輪をしていた場合や、同じ職場に勤めている場合は、裁判で既婚者であることを知らなかったという主張が通らない場合が多いのです。相手の「独身だ」という言葉を鵜呑みにしていても、そういった既婚者であることを知る機会がある人は、慰謝料を払わなくてはならない場合もあります。

相手の家庭環境・夫婦関係がすでに破綻していた場合

160829_03_3
あなたと出会う前に相手と配偶者との関係が壊れてしまっていた場合には、慰謝料を支払う必要はありません。しかし、一方が「夫婦関係は破綻している」と主張しても、一方が「そんなことはない。私は不倫を知って傷ついた」と言ってしまえば、慰謝料請求は通ってしまうのも事実です。では、どのような場合が「夫婦関係の破綻」といえるのでしょうか。まず、「別居」していることが基準となります。これは、完全に住居が別である場合のほかに、いわゆる「家庭内別居」という状況も含まれます。配偶者との住居スペースや寝室が完全に別であり、ほとんど会話もしないという状況ならば、夫婦としての生活が破綻していると判断されます。しかし、別居といっても「単身赴任」などの夫婦仲が悪いわけではないのに住居が別である場合には、慰謝料を支払わなければなりません。

不倫自体が過去のことで、時効が成立している場合

160829_03_4
不倫の関係終了後に相手の配偶者が気づいてしまった場合、不倫していた時期から10年が時効となり、慰謝料を支払う必要はありません。さらに、相手の配偶者が知ってから3年経った場合にも時効が成立します。この場合の配偶者が「知った」と認識されるのは、あなたの名前と住所が相手の配偶者に知られ、慰謝料を請求できる程度に情報を知られていることが必須です。時効後に慰謝料を請求された場合には、「時効が成立しているため支払いません。」という意思をきちんと伝えましょう。これを「時効の援用」といいます。

まとめ文

不倫の慰謝料を請求されたときの対処法についてご紹介しました。まずは、落ち着いて対応することを心がけましょう。支払う必要が本当にあるのか、減額の対象になることはないかをきちんと確認してから、相手側の配偶者に交渉してください。示談で話がまとまらなかった場合には、裁判になってしまうことがあります。この場合には、時間も費用もかかってしまうので、そうなる前にこういった分野を得意とする、「弁護士」や「行政書士」に依頼すると、話がまとまりやすいでしょう。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加

シェアする

フォローする