年下男との不倫セックスに溺れた!泥沼体験談 | コイウラ

年下男との不倫セックスに溺れた!泥沼体験談

シェアする

「幸せになれない恋愛」の代表ともいえる、不倫。不倫にハマりやすい女性の特徴として、専業主婦があげられます。結婚と出産を経験し、主人にも女性として扱われなくなっていき、毎日同じことの繰り返し・・・。そんな平凡で退屈な毎日に刺激を求めてしまうのでしょうか。ここでは、年下男との不倫セックスに溺れた挙げ句、泥沼化してしまった30代、元専業主婦の体験談をご紹介していきます。不倫セックスの快感の先には、どのような代償が待っているのでしょうか。

彼との出会いは

彼との出会いは、子どもを通してでした。子どもの習いごとのコーチとして、毎週のように顔を合わせていたのです。はじめは、若くてかっこよくて、子どもの面倒見のいい彼を眺めているだけでした。しかしある日、彼から「子どものことで相談がある。」と食事に誘われたのです。「彼が話したいのは子どものこと。私に興味があるわけない。」と思いながらも、彼との初めての食事にドキドキしたのを覚えています。そして、当日。気合いを入れすぎたと思われない程度にオシャレをし、彼との食事へ向かいました。実際に、彼は子どもの習いごとの成績に関しての話をしてくれていたのですが、お酒が進むにつれ、ふたりの距離が近くなっていったのです。そして、そろそろ帰ろうかという雰囲気になったとき、私は「まだ帰りたくない。」と、彼を引き止めてしまいます。これが、泥沼不倫の始まりでした。

不倫セックスに溺れて

結婚後、初めての主人以外とのセックス。しかも相手は年下で、それはそれはもう至福のときでした。主人の適当で雑な前戯に比べ、一生懸命で優しい彼の前戯。性器は、主人とは比べ物にならないくらい逞しいものでした。一生懸命な彼の前戯に、私は何度も絶頂に達してしまい、挿入後も何度も達してしまったのです。久しぶりに「女として扱われた。」と実感できました。「セックスが、こんなにも気持ちのよいものなのか。」と思ったことも覚えています。「こんな関係、いけないわ。」と思いつつも、背徳感にドキドキしたのです。その日から、週に1回は彼と会うようになり、だんだん不倫セックスに溺れていきました。

不倫発覚で泥沼に

彼とのセックスは本当に気持ちよく、最高の時間でした。しかし、そんな時間は長くは続かないのですね。彼と関係を持つようになってから、半年ほど経っていたと思います。いつもは帰りの遅い主人が、昼間に帰宅してきたのです。離婚届と不倫の証拠を持って。私は、頭が真っ白になりました。主人は、私の両親や共通の友人、さらには彼にまで不倫のことを話していたのです。言い訳さえも許されない状況に、私はただ謝ることしかできませんでした。しかし、このとき心のどこかで「主人に捨てられたら、彼のところへ行こう。」と思っていたのです。私は、いつの間にか主人のことを見下し、彼は私を愛してくれていると勘違いしていたのでしょう。主人との離婚は早々と決まり、子どもは主人の元へ、実家からも勘当され、友人も失くしました。長い間専業主婦をしていたので、貯金がなく、慰謝料は取られなかったものの、財産分与などあるわけもなく、無一文で家を出ることになったのです。なによりも辛かったのは、子どもの汚物を見るような目。私はもう、子どもにとっての母親ではいられないのだと感じました。家を出てからは、ほかに頼るところもないため、彼のところへ向かったのですが、これが間違いだったのです。

最後の最後まで泥沼

彼の家へ到着し、インターフォンを押すと、彼は無表情で迎えてくれました。無言のまま、10分、30分、1時間、と時間だけが過ぎていき、耐えきれなくなった私は、「私のこと、愛しているよね?」と聞いてしまったのです。彼の雰囲気で愛されていないことなど、わかっていたのに。途端に、彼の目つきは変わり「愛しているわけないでしょ?自分が何歳だと思ってるの?オバサン。」と吐き捨てられてしまいました。彼にとって、私は都合のいいセックスフレンドだったのです。全てを失くし、愛されていると信じていた彼にも捨てられた私は、風俗に住み込みで働くことになりました。長い間専業主婦だった私を雇ってくれるところはなく、家もお金もないため、仕方なく風俗で働くことにしたのです。子どもの養育費を払うことだけが、今の私が生きている唯一の理由かもしれません。

まとめ

不倫のセックスは、家族への後ろめたさに、余計ドキドキしてしまうものでしょう。さらには、不倫相手が年下だった場合、ご主人との違いに、余計心が躍るのも仕方がないことなのかもしれません。しかし、不倫は全て失う危険性が大いにあります。今不倫をしている方や、不倫をしたいと思っている方は、あなたにとって「いちばん大切なものは何か」を一度よく考えてみましょう。後悔のない人生になるような、選択をしてくださいね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加