離婚後、辛い思いしかない人集合!元旦那と復縁するために考えるべき6つのこと | コイウラ

離婚後、辛い思いしかない人集合!元旦那と復縁するために考えるべき6つのこと

シェアする

世の中の結婚した夫婦の約3割は離婚しているという昨今では、離婚は案外軽く考えられがち。ついカッとなって別れてしまったけれど、やっぱり冷静になって考え直すと元旦那が一番の私の理解者。などと離婚したことを後悔している人も多いのでは?なかなか耳にしないかもしれませんが、元旦那と離婚後に復縁した夫婦も多くいるのです。それなりの努力と譲歩は必要になりますが、諦めずに挑みましょう。元旦那と復縁するために考える必要がある事項を6つご紹介していきます。

自分の反省点を理解する

161128_02_1
離婚原因があなたにある場合は、自分が悪かったことをしっかりと反省しましょう。そうでなければ、よほど元旦那の方から、よりを戻したいと言ってこない限り、以前の自分のまま元旦那とよりを戻そうなんて、そんな虫のいい話はありません。相手に離婚原因があるとしても、そうさせてしまった何かがあなたにはありませんか?一度しっかりと考える必要がありますよ。

いつでも連絡をとれる間柄かどうか

161128_02_2
離婚をすることになっても、気軽に連絡を取り合える間柄であれば、あなたのことを全て拒否する態勢ではないということがわかります。心から拒否する気持ちがあれば、一切連絡をとりたくないと思うはずですよね。些細な連絡ですら嫌悪感があるはず。ですから、今でも連絡をすればどんな形でもレスポンスがあるというなら、復縁の可能性があるといえます。相手から連絡がくるようであれば、なおさら可能性は高まるでしょう。

子供をきっかけにする

161128_02_3
離婚時に子供がいる場合、夫婦としては別れてしまっていても、子供のパパとママであることに変わりはありません。子供にとっては大事なパパで、子供もパパと一緒にいたいと思っているなら、そこのことをきっかけに復縁するパターンは多くあります。ですが、逆に子供がパパは嫌だと思っていれば、元旦那との復縁が成功といえるかはわかりません。子供と同じ方向を向いて、復縁にもっていくことがいいでしょう。

互いの家族同士の交流を大切に

161128_02_4
結婚は当人同士だけではなく、お互いの家との結びつきだというように、結婚を機に親族同士の交流がスタートしますよね。子供がいることで、お互いの実家を行き来したり、お互いの親兄弟とは親交が続いていたりする場合もあります。その付き合いを通して、離婚を後悔している、また復縁したい気持ちを打ち明ければ、まわり回って本人の耳に入り話が進んだなんてケースもあるのです。人の縁を大事にするといいことがあるかもしれませんね。

離婚原因を解析し、2度と繰り返さないことを誓う

161128_02_5
冷静になって離婚の原因が何だったのか、同じ繰り返しを2度としないと心に誓いましょう。大きな原因、例えば浮気や金銭などはっきりした理由は1つかもしれませんが、その裏に潜む小さな原因の積み重ねが、離婚へとつながっている場合もあります。その小さな原因もしっかり把握しておかないと、せっかく復縁できても同じところでくじけてしまうのです。

時間がかかることを覚悟する

161128_02_6
あなたがどんなに復縁を望んでも、相手が同じように望んでくれない限り、復縁は実現しません。人の気持ちを動かすのはそう簡単なものではないので、時間がかかることを覚悟したうえで動きましょう。その覚悟もなく、進捗のなさにイライラとしてしまえば、相手がその気になるはずもありません。1度離婚をしたことで、再婚に億劫になってしまうこともあるでしょう。強い気持ちを持ち続けることが、復縁のための大事なポイントにもなります。

まとめ

離婚は結婚の3倍労力がいるとされています。結婚のように幸せに向かって動くわけではないので、精神的にも辛い面も多いでしょう。そんな思いを2度としないためにも、じっくりと冷静に考えて復縁へと進んでください。友達と違って、人生のパートナーはそう多く見つけられるものではありません。よく考えて、相手にとっても復縁が幸せな選択になるように動きましょう。失ってみて、初めて相手の大切さに気付くのはよくあること。勇気をもって前に進んでくださいね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加