復縁する・しないを見極める方法

シェアする

大好きだった彼と理由があって別れてしまったけれど、やっぱり未練が残るあなた。なかなか想いを断ち切ることができなくて、復縁したいと思ったり、やっぱりやめておこうと思ったり悩んでいませんか?復縁するにはタイミングが大事ですが、そもそもその恋は本当に復縁すべきなのかどうかも大事なポイントになります。今回は、する・しないを見極める方法をご紹介していきます。

別れ方を再確認してみよう

170110_02_1

喧嘩別れをした場合には、喧嘩の直後は彼のことなんて「どうでもいい!」と怒り狂っていますが、時間が経つと冷静になり、彼がいない淋しさが募ってくるものです。そして、彼との思い出に浸って、楽しかったことが走馬灯のように頭を埋めていきます。そうなると「彼とやっぱり復縁したい!」と想いが強くなってきますよね。でも、後になって思い出すことは美化された思い出ばかりで、いいことしか思い浮かばないものなのです。一度立ち止まって、なんで別れたのか、喧嘩の原因は何だったのか、不満が爆発してもう無理となったのではなかったのか、別れた原因を再確認してみましょう。

彼との距離を一定期間空けて冷静になる

170110_02_2

復縁したと思っているのは、ただ単に彼がいない淋しさに耐えられていないだけかもしれません。今まで当たり前のように一緒にいた人がいなくなると、とても淋しくなるものです。その淋しさを埋めてくれる何か、例えば友達だったり、趣味だったりがあれば、彼がいないことへの淋しさからくる復縁欲はなくなってしまうかもしれません。彼と復縁したいと思っても、最低でも1ヶ月は彼と連絡をとらないように期間を空けてみましょう。空いている期間で、淋しさが紛れれば、もしかすると彼への熱も冷める可能性もあるのです。それでも冷めなければ、想いが強いことを示すので、復縁のために動くといいでしょう。

別れた原因が治せるかどうか考える

170110_02_3

別れてしまったのには必ず原因がありますよね。彼に振られた場合には、振られた原因を分かっていますか?原因が分かっていないのに、彼に復縁したいと言っても、門前払いされてしまうのが目に見えています。また、自分が振った場合にも彼の嫌だなと思ったところを、戻った時に許せますか?彼とよりを戻すことが目的ではなく、戻った後も順調に付き合いを進めていくことが大事ですよね。別れた原因を解消できるのかどうかは、復縁をするのかしないのかを見極めるのに、とても重要な確認事項です。

彼の反応を確かめてみる

170110_02_4

復縁するかしないかを決めるのはあなた自身の考えはもちろんですが、彼の反応も大事なポイントになります。彼と連絡もとらないような間柄になってしまっては、復縁どころではありませんよね。もし喧嘩をしてしまって別れたとしても、冷却期間を置いておけば、彼も冷静になり、連絡をとることは可能になっているでしょう。復縁することを匂わせた連絡をするのではなく、「元気してる?」などの軽い挨拶程度の連絡をとってみましょう。そこで反応が返ってこれば、復縁しようと頑張ればいいし、反応がなければあなたとは連絡をとりたくないのだと思って諦めましょう。

まとめ

別れた後は、彼との思い出は全て美化されて頭に残るものです。いいことしか思い出せないので、彼への想いが再燃しよりを戻したくなっている場合もあります。でも、なぜ別れたのかなどを冷静になって考えていくと、復縁熱が冷めることもあるのです。彼と一緒にいること以外に楽しいことが増え、出会いが増えれば自然と彼を忘れてしまうなんてことも。彼への想いが本当なのかどうかを考えたり、彼でいいのかどうかを考えたりすることが、復縁するがしないかを見極めるポイントです。その恋は本物ですか?一度自分に問いかけてみましょう。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加