意外と知らない動物占いで性格が当たる「本当の」理由 | コイウラ

意外と知らない動物占いで性格が当たる「本当の」理由

シェアする

「動物占い」とは、1999年頃に流行した様々な占いの中の一つで、生年月日をもとに自分や友人を12種類の動物に当てはめて性格を占うもの。自分や友達を動物に例えることで、その動物の性格などをもとに、気になるあの人との相性などをスムーズに知ることが可能なのです。今回は、この「動物占い」で性格が当たる本当の理由と、そもそもなぜ動物に例えるのかなどをご紹介します。

なぜ動物やキャラクターに例えるのか

160712_03_1
動物やキャラクターなどに例えることによって物事をわかりやすく説明でき、理解を深めることができるのです。昔話を見ればわかるように、昔から人は身近な人物を動物に例えて話すことが好きでした。かちかち山やさるかに合戦などがその代表例です。どの動物も魅力的ですが、そのキャラクターの良いところや欠点を占いに当てはめることで、とてもわかりやすくなるのです。

動物占いのもとは「四柱推命」

160712_03_2
では、どうして動物占いで性格を当てることができるのか。それは、古くから中国で行われている「四柱推命」をもとに割り出しているからです。占う人の「生年月日と時間」を4つの表にして性格を割り出すのが「四柱推命」。本来は産まれた時間も必要とするのですが、日本では自分の産まれた時間を知っている方が少ないのですよね。そこで、日本では簡易的に生年月日のみで占うことが多く、動物占いでも生年月日のみで占うことが可能です。動物占いでは、この四柱推命で用いられる「十二運」という星をそれぞれの「動物」に当てはめて占っています。

動物占いと四柱推命の対応例

160712_03_3
では、動物占いと四柱推命がどのように対応しているのか、またその動物の性格も合わせてご紹介します。
サル「長生」順応性が高く、お調子者で頭の回転が速い。チーター「沐浴」ロマンチストで芸術肌、愛らしいがつかめない性格。ライオン「建禄」観察力が鋭く、用心深い。トラ「帝旺」頑固で統率力がある。タヌキ「衰」保守的で消極的。コアラ「病」夢見がちで直感力が鋭いが、実行力にかける。ペガサス「絶」多忙で孤独。普通の生活は向いていない。と、性格と動物を一致させているのです。

動物占いの良さ

160712_03_4
動物占いが流行った理由、動物占いの良さとは一体何でしょうか?それは、ズバリ「わかりやすさ」と「面白さ」でしょう。非常に洗練された占いではある「四柱推命」はわかりにくく、難しいので初心者や子どもには支持されにくいのです。しかし、「四柱推命」を動物に当てはめることで親しみが湧き、初心者でも簡単に占えるので、皆に支持され「動物占い」ブームとなりました。

最後に

「四柱推命」という難しい占いが、動物占いのもとになっていたとは驚きでしょう。四柱推命を動物に当てはめてしまおうと考え付いた人物は、すばらしいマーケターだといえます。このような「動物占い」などをコミュニケーションツールに使う方は多く、学校や家庭で話題のきっかけとして用いることで、みんなとの仲を深めることができるのでしょう。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加

シェアする

フォローする