その離婚ちょっと待って!熟年離婚する前に確認してほしいこと

シェアする

子供が独立したら離婚!と考えていませんか?熟年離婚は上手にしないと、我慢して結婚生活を続けていた方がマシだった…なんてことにもなりかねません。そうならないためにも、熟年離婚におけるリスクをきちんと理解して準備を整えてから離婚に踏み切りましょう。ここまで我慢してきたのです。長年の不満から解放される日まであと少し。上手に清算して楽しい老後を送りたいものですね。

いくつになっても子供の親は二人だけ

161219_03_1

子供がいる場合、たとえ良い大人になっていたとしてもメンタルのケアは第一に考えましょう。両親の離婚は、精神的に大きなダメージです。「今さら?」「お互いの老後の面倒はどうするの?」「もし再婚したら遺産もその再婚相手に?」など、子供にとっても考えなければならないことがたくさん。大人になっているからこそ本音を言ってくれない可能性も大なので、離婚したい気持ちで突っ走らず子供とはしっかりと話し合いましょう。

年金の分割はお忘れなく

161219_03_2

専業主婦の場合、一番気になるのは離婚後の収入源。年金受給できる年齢になっていれば多くの場合、夫の年金の一部を受け取ることができます。いくら婚姻生活を続けて養ってもらっていても、夫が何歳まで生きられるか分かりませんよね。年金の分割請求ができる条件が揃っているならば、離婚する際きっちり請求してくださいね。

住宅ローンなどが残っていないか確認して

161219_03_3

離婚の際は、住宅ローンなどマイナスの財産も財産分与の対象となります。そのため、ローンが残っている場合は、離婚後に得られる収入と払うべき支出のバランスをよく考えなくてはなりません。離婚したは良いが、支出の方が多ければとても生活はできません。ローンを完済するまで離婚は待ってみても良いかも。

退職金も財産分与の対象になる場合も

161219_03_4

夫が退職金を受け取っている場合、または受け取ることが明確な場合、財産分与の対象となることがあります。婚姻期間の長さによって金額が変わってくるので弁護士さんに相談してみても良いかもしれません。ただ退職がまだ先で需給が不明確な場合は、対象外になることも。その場合はある程度見通しが立つまで保留にした方が、離婚で得られるお金が増えますよ。

孤独感や介護の問題もしっかり考慮するべき

161219_03_5

離婚すれば夫の老後の面倒を見なくて良くなりますが、反対に自分が病気になった時も自分一人で戦わなくてはなりません。パートナーを失うのですから当然です。また怒りの矛先がなくなり、喪失感を味わう可能性もありますよ。孤独感に襲われないように趣味はしっかり持っておいた方が良さそうです。自分の老後のために貯蓄がたくさんあれば、子供にも迷惑がかかりません。

まとめ

上手に離婚すれば夫という縛りから解放されて、自分の思いのままに第二の人生が歩めます。しかし、今まで鬱陶しいと思いながらも長年一緒に生活してきた相手が急にいなくなるのです。気持ちのうえでもお金のうえでも、やっぱり離婚しなければ良かったと後悔しても届けを提出していれば後の祭り。本当に今このタイミングで離婚するべきか、しっかり考えてくださいね。やっぱり離婚に踏み切る!という場合も、くれぐれも損をしないよう事前の準備はお忘れなく。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加