今すぐ離婚したい!けど・・・離婚するためのお金がないときの5つの解決方法 | コイウラ

今すぐ離婚したい!けど・・・離婚するためのお金がないときの5つの解決方法

シェアする

結婚して時間とともに気持ちも変化していくことがあります。しかし離婚するには、離婚したあとの生活を安定させるためのお金が必要だと考える方は少なくないでしょう。自分一人ならばなんとかなるけれど、子どもがいるとそうはいかない。お金がないから家を出ることもできない。そんな、お金がなくて離婚に踏み切れない方に、お金の悩みを解決するための方法をご紹介します。

離婚を意識し始めたら貯金しよう

160715_07_1
貯金が全くない状況では、離婚に踏み切ることもなかなかできません。離婚を意識した瞬間からお金を貯めておきましょう。専業主婦の場合でも、生活費を切り詰めて月に1万円でもよいので、コツコツと貯めておくことが重要です。ある程度のお金が貯まるまでは、我慢するしかないですが、離婚後の生活を続けていくためには我慢も必要となります。

別居をしたら「婚姻費用分担請求」をしよう

160715_07_2
離婚する前に別居をする方がほとんどです。生活が別々だからといって、所得が大きい方の配偶者を養う義務は消えません。別居後に婚姻費用の分担を求めて調停を申し立て、配偶者とあなたの収入に応じた婚姻費用を受け取ることができます。

実家など頼れる場所に頼ろう

160715_07_3
実家の親が元気で頼れる環境である場合に限られますが、そういった場所があるのなら頼ってしまうのも一つの手です。そこで、貯金をして将来は家を出て暮らすということも可能です。また、実家に頼れるという精神的な余裕も離婚で傷ついた気持ちを回復させてくれます。

母子家庭の助成金をもらおう

160715_07_4
母子家庭には様々な助成金があります。どうしても満足に働けない場合には、「生活保護」という手もありますし、「児童手当」や「児童扶養手当」などが子どもがいる場合には支給されます。しかし、各市町村でその金額や条件が違ってくるので役所に問い合わせて、確認しておきましょう。

お金を借りて離婚する

160715_07_5
離婚を考える方の中には、配偶者からの暴力などから今すぐにでも逃げたい方もいるでしょう。そういった方には、最後の手段としてお金を借りてしまうことも一つの方法としてあります。しかし、きちんと返していかなければならないうえに、お金を借りるうえでの審査もありますので、あまり大きな額は借りることができない専業主婦の方にはなかなか難しい選択肢であるといえます。

最後に

結婚していれば離婚を考える瞬間はたくさんあると思います。人生何が起こるかわからないので、本気でなくても離婚が頭をよぎった瞬間に貯金をするために動き出しましょう。お金がなければ生きていけないので、自分を守るためにも貯金は必要不可欠といえます。しかし、貯金を共同の通帳でしていては離婚するとき配偶者に持っていかれることになりますので、自分名義の通帳などに内緒で貯金しておくのがよいでしょう。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加