別れる準備の前に必読!得する離婚損する離婚

シェアする

旦那のことが嫌で嫌でたまらないという方にとって、常に頭をよぎるのが「離婚」の2文字。でも本当に離婚して大丈夫なのか?幸せになれるのか?という、漠然とした不安を抱ええる方も多いかと思います。そこで、今回は離婚することによって、得するケースと損するケースの違いをわかりやすく分析してみました。リアルに離婚を考えている方は、とにかく自分が損をしないように注意して行動するようにしましょう。

離婚で損をしないためには事前準備が肝心

161219_04_1

離婚の準備を始めるにあたり、一番重要なのが事前準備。特に旦那が浮気をしたり暴力を振るったりしている場合などは、しっかりとその事実を証明するための資料を用意しておく必要があります。自分が不利な状況にならないようにするためには、感情に揺さぶられず堅実に行動することが大切。目に見える情報として、証拠集めを行っておきましょう。

慰謝料の時効は3年

161219_04_2jpg

離婚の話題と切っても切れない関係にあるのが、慰謝料問題。世間では旦那側が払うイメージが強いかと思いますが、厳密に言えば「悪いことをした方が払うお金」のことを指す言葉として使われています。浮気やDV、セックスの拒否などが慰謝料の対象として挙げられますが、こういった行為が認められても慰謝料の時効が成立すれば慰謝料が支払われない場合もあるのです。そこで知っておきたいのが「慰謝料の時効」。慰謝料の時効とは、慰謝料支払いの対象となる事実を知ってから3年間と決められています。重要なのは、「事実を知ってから」というところ。浮気やDVなどが行われた時ではなく、その事実をあなたが知ってから3年となります。こういった細かいポイントを押さえておくことも、離婚で損をしない方法の一つです。

旦那の財産を把握しておく

161219_04_3

離婚するということは、今ある財産も夫婦で折半するということになります。妻側が損をしないためには、まず旦那が今持っている財産をきっちりと把握しておくことが重要です。旦那の財産がわからないまま離婚してしまえば、自分が損しているのか得しているのかがわからず、相手のペースで財産分与の話が進められてしまう可能性が。通帳などを見て金額を確認しておくだけでなく、お金が入っている通帳の銀行名と支店名まできっちりと把握しておくようにしましょう。

子供がいる場合は親権もしっかりと自分のものに

161219_04_4

お子さんがいらっしゃる方が一番気になるのは、親権問題ではないでしょうか。理不尽な旦那ほど、たいして子育てにも参加していないのに「親権は俺がもらう」と理解不能な発言をするものです。離婚は基本的に親同士の問題であり、子供にとっては迷惑極まりない話。子供がつらい思いをしないように、しっかりと親権を守る必要があります。親権を自分のところに留めておくために重要なのが、子供と過ごした時間がどれだけあるかということ。子供への愛情が深い方へ親権を認めるという決まりがあるので、どれくらい子供と一緒に過ごしたかという点がポイントとなります。また、子供を育てていくほどの経済力があるのかということもチェックされるので、離婚に踏み切るならばしっかりと仕事を探しておく必要があるでしょう。

まとめ

円満な離婚もあれば、泥沼化して離婚できるまでに長期間を要する場合もあります。全ての離婚が円満というわけでも、不幸というわけでもありませんが、大切なのは今の生活を客観的に観察しておくこと。現状を理解しないまま離婚すると、結果不幸な生活を招きかねません。経済面、家事分担状況、子供がいる場合は子供の気持ちなども考える必要があります。離婚するかしないは別として、自分と自分に関わる家族ができるだけ幸せだと思える方向に進めるのがベストですね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加