別居中の生活費をやりくりするために知っておくべきことまとめ | コイウラ

別居中の生活費をやりくりするために知っておくべきことまとめ

シェアする

夫婦関係が悪化し別居できることになると、精神的な面では楽になります。しかし、これから考えなければいけないのが生活費の問題。別居すると単純に世帯が二つになるので、生活費は倍必要です。さらに子どもがいる場合は、母親と一緒に生活することの方が多いので、その分あなたにかかる負担は大きくなるでしょう。今回は、別居中の生活費をやりくりするために知っておくべきことをご紹介します。

可能な限りの物を持ってくる

170113_04_1

別居が決まると、女性の方が家を出ることが多いでしょう。そんな時は、可能な限りの物を持って家を出てください。何も持たずに家を出てしまうと、生活用品や子ども用品など、全て新たに購入しなければいけなくなります。ただでさえ別居して生活費が十分に確保できない時なので、おさえられる出費はおさえましょう。別居が決まってすぐに準備することは難しいので、別居を考え始めた時から少しずつ準備をしておくことをおすすめします。

別居中は実家暮らしをしよう

170113_04_2

別居中は、できれば実家でお世話になりましょう。離婚が成立すると、公的な補助を受けることができますが、ただ別居しただけの段階では、補助を受けることができません。旦那が生活費をくれたとしても、家賃、光熱費、食費となにかと必要なので、生活は苦しくなるでしょう。もし、実家で暮らせるのであれば家賃分はおさえることができるので、生活はかなり楽になります。今後離婚となった時のためにも、できるだけ貯金をしておきたいですよね。

保険料を見直そう

170113_04_3

保険に加入している場合は、一度見直しておきましょう。保険料は、月々支払っているので、どれだけのお金を使っているか分かりにくいですが、年間を通して見ると、意外とびっくりする金額になります。最近では、保険について相談できる窓口が充実しているので、気軽に行くことができるでしょう。保険のランクを多少下げても、そこまで影響がないこともあります。

無料弁護士制度を利用しよう

170113_04_4

別居を決断したということは、この先離婚も視野に入れている人が多いでしょう。離婚をするとなると、今まで考えることがなかった生活費や養育費のことなど、他人には相談できないことも出てきます。また、離婚調停を弁護士に依頼すると、その分の費用も必要です。弁護士は相談するだけでもお金がかかることを知っていますか?別居中の弁護士への相談は、無料制度を利用しましょう。少しでも生活費を確保するよう心がけてください。

まとめ

別居中の生活費の問題は、とても深刻な問題です。自分たちが別居をすることで、子どもにたくさんのことを我慢させなければいけなくなるのも心苦しいですよね。別居がスタートして、少しでも生活費をやりくりできるように、事前にできることはやっておきましょう。その後離婚となると、さらにお金が必要になるので、できるだけ別居中にお金を節約しておくことをおすすめします。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加