もう無理!別れる!専業主婦が離婚する際に知っておくべきお金のこと | コイウラ

もう無理!別れる!専業主婦が離婚する際に知っておくべきお金のこと

シェアする

ずっと我慢してきたけれど、もう我慢の限界。旦那と別れたい!離婚したい!離婚後のことを考えてみると結婚してから専業主婦で、社会復帰できるのかも不安。どこに住む?どれくらいお金がかかる?今まで一緒に貯金していたお金は旦那の名義だけどどうなる・・・と悶々と考えているあなたに、具体的に専業主婦が離婚する際に知っておくべきお金のことをご説明します。

離婚調停をするためにはいくらかかる

離婚調停=裁判というイメージがあり、お金がないと調停できないと思っている方も多いと思います。家庭裁判所に離婚調停の申し立てをすること自体は2000円程度でできます。この場合は自力で出向き、離婚調停を行う場合で、弁護人などを立て調停に同行して貰う場合には別途弁護士費用がかかります。費用は着手金で30万~50万が相場となっています。弁護士にお願いして離婚調停を行うならば、離婚前にお金を貯めておかなければなりません。家庭裁判所や行政による無料相談会も行われているので不安な場合あらかじめ相談しておくと安心です。

別居した場合の生活費が心配

別居した場合、離婚相手に生活費をもらうことができるのかが一番の問題だと思います。別居中の生活費は、「婚姻費用分担金」の中に含まれ、請求することができます。相手側と自分が同じ生活レベルの生活を続けられるよう維持させる「生活保持義務」が民法で定められていますので、安心して別居生活を続けることができます。ですが別居の理由が妻の浮気や暴力など妻の方に責任が強くある場合は認められないこともありますので注意してください。

慰謝料はいくらもらえる?

離婚原因が夫の浮気、DV、モラハラにあった場合には夫に対して慰謝料を請求することができます。金額は原因やその家庭によりさまざまで一概には言えません。手続き方法は「交渉による請求」と「裁判による請求」の2種類で、交渉による請求に問題が発生した場合には裁判に切り替えるのが一般的です。専業主婦がとりあえず仕事を探すまで生活をしていくのにお金は必要です。請求できるお金はきちんと請求しましょう!

財産分与について

原則として結婚後に増えた財産は二人のものと判断され、半分を請求することができます。名義が誰でも関係ありませんので安心してください。正確に金額を獲得するためにはあらかじめ財産を把握しておくことが必要になります。また、結婚後に購入した家具家電・退職金なども対象で、年金は「年金分割」という制度がありますので問い合わせましょう。借金やローンがあればそちらも財産分与の際、考慮されますので注意してください。勘違いしてしまいそうですが、結婚前の財産は分与することができません。結婚前結婚後とで調べておくことが必要です。

養育費

子どものいる専業主婦だと心配なのは子どものこと。これからの子どもの生活費や学費を今まで通りキープできるか、子どもに負担をかけないか心配ですよね。養育費の金額はその家庭ごとで自由に決めることができますが、家庭裁判所が作成した「養育費算定表」に基づき、年収や子どもの年齢をもとにして決められています。口約束にならないよう「離婚協議書」を作成し、トラブルを回避することをおすすめします。

まとめ

専業主婦が離婚する際の不安な点は、生活費の確保、子育て、住む場所の確保、再就職などではないでしょうか。このような問題点を解決するためには、慰謝料の請求、資産の確認をしておきましょう。離婚調停に弁護士を雇う場合はお金がかかりその費用については実費になりますので、あらかじめ貯金をしておくことが得策です。専業主婦でも弱気にならず、就職に関しても下調べして自立するすべを確立しておきましょう。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加