やっと縁が切れる…別居生活からの失敗しない離婚の仕方 | コイウラ

やっと縁が切れる…別居生活からの失敗しない離婚の仕方

シェアする

もうこんな旦那とは一緒にいられないと思った時、離婚をする前に、まずは別居をと考える人が多いでしょう。しかし、相手の同意を得ずに安易に別居生活をはじめてしまうと、離婚をする時に不利になってしまったり、相手が夫婦の財産を勝手に処分してしまったりなんてことがあります。この記事では、別居生活から失敗しない離婚をするための方法をご紹介します。

別居をはじめる時は慎重に

170113_05_1

この人とはもう一緒に住みたくないと、急に思い立って別居生活をはじめてしまうのは危険。「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」と民法752条で定められています。そのため、別居後に離婚になった時、夫婦で協力しようとしなかったあなたに離婚の原因があるとされて、うまく離婚に運べなくなる可能性があります。失敗しない離婚をするためには、別居をする理由を明確にしておきましょう。

夫婦の共有財産は仮差し押さえを

170113_05_2

離婚をしていない別居生活中は、マイホームや預金はまだ夫婦の共有財産です。その共有財産を別居中に相手が勝手に処分してしまわないように、家庭裁判所に仮差し押さえの申し立て手続きをする必要があります。さらに、マイホームを所有している場合は、不動産の現状確認をしておきましょう。正確な不動産の価格を調査しておけば、離婚後の財産分与を不利なく進めることができます。

離婚不受理届を提出しておこう

170113_05_3

別居生活中に、相手が勝手に離婚届を出してしまうことがあります。そうなると離婚は成立してしまいます。ただ、調停や裁判で、あなたに離婚する意思がなかったことを証明することはできるでしょう。しかし、あなたが一方的に別居を選んで夫婦関係が破綻したと相手が主張すれば、あなたの立場は不利になってしまうのです。そんな事態になることを避けるためにも、別居生活をはじめる時は、離婚不受理届を提出しておくことをおすすめします。

別居の理由を明確にしよう

170113_05_4

別居生活をはじめる理由が相手にある場合、離婚を有利に持っていくためにも、証拠を掴んでおくことが必要です。例えば、相手のDVが理由の場合は医師の診断書や日記を書くなどします。相手の不貞行為が理由の場合は、相手が愛人とラブホテルに入る写真などです。これらの証拠があれば、別居や離婚に至った原因はあなたにはないことが証明できるため、失敗しない離婚ができるでしょう。

まとめ

早く縁を切りたいと思っている相手との別居生活スタートは、精神的な面で解放されるため注意を怠りがちです。ただ、ちょっとしたミスが離婚の際に、あなたを不利にしてしまう危険があります。別居生活をはじめる前や別居生活中は、慎重に行動をしましょう。離婚が成立するまでは精神的な負担は続きますが、別居生活からの離婚を成功させるためにも気を付けてください。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加