【女子必見!!】ドン引きされないためにむだ毛処理で気をつけること | コイウラ

【女子必見!!】ドン引きされないためにむだ毛処理で気をつけること

シェアする

むだ毛の処理をするとき、皆さんどうしていますか?夏になると露出も増え、普段見えなかったむだ毛たちの登場に自分でもビックリ!なんてことありませんか。綺麗な女子にむだ毛は不必要!いつどんなタイミングで見られても大丈夫、触られてもチクチクしないつるつるなお肌をキープしたい。けど人には聞きにくい……。そんなむだ毛の処理で気をつけることをお教えいたします。

剃ったら毛が太くなる?

160809_03_1
カミソリで剃ると毛が太くなるなどと言われていますが、厳密には違います。剃った後生えてくるときに、断面が見えるため以前よりも太く見えるのです。むだ毛処理の中でも、手軽で簡単、痛みがない「剃る」方法。肌負担も多く乾燥などの原因になりますのでシェービングジェルや保湿クリームなど塗ってから剃りましょう。剃ったり抜いたりしたくない方は、毛を脱色するクリームも発売されていますので挑戦してみてください。

エステサロンでの脱毛について

160809_03_2
脇や腕、脚など常に見えている部分は、剃る手間を解消するためにエステサロンで脱毛する人が増えています。エステサロンで導入されている脱毛の多くは「光脱毛」で、毛根に光をあてることで数日後に抜け落ちるものです。その光は黒いものに反応するので、普通の肌には反応しません。日焼け後など肌が黒かったり炎症を起こしている状態だと照射してもらえません。乾燥していると光が肌内部に届かないので保湿しておくことが大切です。

脱毛のタイミングと脱毛場所の選択に注意

160809_03_3
サロンで脱毛を受ける際に気をつけたいのは脱毛する箇所の選択。多くのサロンでは、ひじ上・ひじ下、ひざ上・ひざ下、など、細かく区切っています。脱毛箇所を増やすほど金額が増えてしまうからと言って、半端に脱毛してしまうと、脱毛した場所と脱毛していない場所の違いが分かりやすくなってしまいます。見える場所を意識して脱毛の計画を立てましょう。また、2ヶ月に1回のペースで通うサロンがほとんどなので、生理前後で肌が敏感になり抵抗力が下がっている間は避けて予約を入れてください。疲れているときや体調が悪いときも避けましょう。

アフターケアで肌も毛も変わる

160809_03_4
脱毛後のアフターケアで1番大切なのは保湿です。乾燥すると毛が抜けにくくなりますし、光をあてた肌は多少なりとも負担がかかった状態になります。肌を鎮静させるためにも保湿が大切です。そのほか紫外線や熱を与えないこと。脱毛以外のむだ毛処理方法で剃ったり、ワックス脱毛、脱色などした後の肌もトラブルがおきやすくなりますので、しっかり保湿しておきましょう。熱を帯びた状態のときは冷えたタオルなどで鎮静させてから保湿することをおすすめいたします。

まとめ

いかがでしたか?むだ毛処理で気をつけることをご紹介いたしました。忘れがちですが以外と目につく箇所は顔、口周りの産毛です。うなじからほほに繋がる箇所は産毛が生えやすく見落としやすい場所なので、どのくらいむだ毛が生えているか確認してみてください。さらに気になるのは指の毛で、手は人に見られることの多い場所です。その手入れがきちんとされていると女子度が高く素敵女子と認定されるポイントになりますよ。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加

シェアする

フォローする