挿入時の痛みに悩んでない?話題の骨盤底筋ストレッチで感度アップ!

シェアする

前戯は気持ちいいのに、彼のものが入ってくると痛くてどうしようもないという人、いませんか?原因のわからない痛みで、彼とのセックスが嫌いになっては悲しいですね。挿入時に生じる痛みは、膣周りの筋肉が固くなっていることが原因かもしれません。そんな女性にぜひ試して欲しいのが、骨盤底筋のストレッチ。痛みが緩和され感度もグッとよくなる骨盤底筋ストレッチについて、ご紹介します!

女性の体にとって大切な骨盤底筋とは?

骨盤底筋は、骨盤の最も下の部分にあって膀胱や内臓を支えている筋肉群のこと。姿勢の安定性を高めてくれるのですが、骨盤底筋の筋力が衰えると伸縮する力が弱くなり、膣周りの筋肉が固くなるのです。結果、膣や尿道がゆるんで尿漏れや生理痛にもつながります。普段の生活で骨盤底筋を使わないような悪い姿勢や加齢、出産によって骨盤底筋が衰えてしまうので、意識的に骨盤底筋を使って鍛えておく必要があるのです。

骨盤底筋を鍛えるとこんなに嬉しいことがある!

骨盤底筋を鍛えれば、膣周りの筋肉が柔らかく収縮もしやすくなるので、挿入時の痛み緩和が期待できます。前戯でしか気持ち良くなれなかった女性も挿入による感度が良くなり、「イク」感覚を味わうことができるのです。さらに、男性は挿入時にキツイと感じるほどの圧迫感で快感が増し、二人の一体感がアップしてより愛し合えるそう。その他骨盤底筋の衰えが引き起こしていたぽっこりお腹が改善され、引き締まったラインも手に入ります。

テレビを見ながらできる骨盤底筋ストレッチ

坐骨を立たせ背筋をまっすぐに伸ばした状態で椅子に腰かけたら、股の間にクッションや丸めたバスタオルを挟みます。これにより太ももに力が入り、膣が自然と締まる感覚になるのです。この状態でさらに太もも内側に力を入れ、膣が締まって上にあがっているのを意識しながら5秒キープ。その後、5秒かけて息を吐きながら力を抜くというのを1セットとして、できる範囲で繰り返しましょう。テレビを見ながら、職場のデスクや電車の中などで毎日継続することで、骨盤底筋が鍛えられます。

お尻ダイエットにもなる骨盤底筋ストレッチ

ヒップリフトは、お尻ダイエットも効果のあるストレッチ。足を肩幅に開いて膝を曲げ、足裏をしっかり床につけます。腕は広げて手のひらを床につき、お尻を浮かせましょう。この時腰を反り過ぎず、頭から鎖骨、膝までが一直線になるように注意してください。お尻から上は肩甲骨の下くらいまでが床から離れた状態をキープ。この姿勢で息を吸いながらお尻の穴を締まめ、膣が引きあがる感覚を味わいましょう。さらに5秒かけて息を吐いたら、お尻を下げて力を抜きます。これを5回ほど繰り返してくださいね。

まとめ

せっかくの愛し合える時間に苦痛を感じているままではもったいない!挿入の痛みが原因でセックスが憂鬱に感じていた女性は、ぜひ骨盤底筋ストレッチを始めましょう。感度が良くなったあなたの姿に、彼氏も大喜びしてくれるに違いありません。これまでのセックスが噓のように、彼との一体感を味わうことができ、より二人の仲が深まるでしょう。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加