坂口杏里みたいなケツ毛未処理は嫌われる?VIO脱毛に関する男の本音 | コイウラ

坂口杏里みたいなケツ毛未処理は嫌われる?VIO脱毛に関する男の本音

シェアする

2016年二世タレントとして脚光を浴びていた坂口杏里さんが、AV女優としてデビューすることが話題になりましたね。ネット通販のサイトでは同日のDVD売上ランキング1位を獲得するほどみんな興味津々。そんな中、坂口杏里さんのケツ毛が未処理だったことがツイッターで炎上騒ぎに!そこで、アンダーヘア論争・・・VIO脱毛に関する男の本音についてまとめてみました。

自然が1番、あえての未処理派

161115_06_1
若い女性から、自分にお金をかける余裕がある20代~40代の女性がVIO脱毛のケアをしている割合はなんと60%の比率だそうです。その理由は、水着や下着からはみ出ないようエチケット、生理中のムレや不快感など、様々です。アダルトな映像の世界では未処理の方が珍しいそうです。そんな中、経験の少ない若い男性や年配の男性にあえての未処理がいい!と、未処理を好む方も多いそう。好みというより本来そういうものであるという常識や先入観も影響しているかもしれません。

毛量が多いと引いてしまうVライン

161115_06_2
自然が1番という方もいらっしゃいますが、毛量が多いとやっぱり引いてしまう・・・というのが男の本音!男性の中でも自分の毛量自体少ない方も多いので、自分より毛が濃い女性は無理。と思われてしまいます。清潔感を与えるくらいに毛量を減らし、形を整えるのが男性にも女性にも1番ベターな処理ではないでしょうか。V脱毛に行くと初めに作りたい形に整えてもらい2年くらいかけて脱毛していくので、エステサロンの方と相談しながら形や量を決めてください。

I・O脱毛は自己満足の世界?

161115_06_3
女性にとって普段見られることがないI・O脱毛は、生理中の不快感や毛量など自己満足の世界でする方も多いもの。その点男性の本音はジャングルでなければいいという方も多くいました。普段見える場所ではないので気を抜きがちですが、長い毛は短くする、毛量の調節が必要なくらい多い方は脱毛も視野に入れた方がいいようです。日本人女性は、わき毛には敏感に処理するのに、なぜアンダーヘアとなると無頓着になるのか・・・男性もアンダーヘアの処理をすることが当たり前のイタリアなどのヨーロッパ男性からしたら理解不能だそうです。

噂のハイジーナ

161115_06_4
ハイジーナとはVIO脱毛ケアを全て行い全く毛のない状態をいいます。ハイジーナはひと昔前にはパイパンと呼ばれていたそうですが、今では「衛生的」という意味のハイジーナと名付けられているそうです。とあるアンケート結果では、ハイジーナ賛成派はなんと半数以上!衛生的で綺麗な見た目から人気を得ているそうです。だけど、生えかけは見たくない。というのが男性の本音。半永久的に生えない脱毛ならハイジーナ人気が高いのが現状です。

まとめ

VIOに関する男性の本音は以外にシビアなことがわかりましたね。ハイジーナ賛成派が年代問わず50%以上いることから、男性にとってアンダーヘアは必要ないものとして捉えられる時代がやってきているのを感じました。中には、自然なアンダーヘアに性的魅力を感じる方もいるので、大好きな彼の好みをリサーチしてから脱毛を試みてもいいかもしれませんね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加