ダイエットの壁は40代?アラフォーは最後のダイエット適齢期!? | コイウラ

ダイエットの壁は40代?アラフォーは最後のダイエット適齢期!?

シェアする

いくつになっても美しい体でいたいと思うのが女性というもの。しかし、年々運動や食事制限をしても、なかなか思い通りの体系に近づけなくなるというのも事実ですよね。世間では「ダイエットの壁は40代、アラフォーが人生における最後のダイエット適齢期」だとか・・・。ではなぜ40代から痩せないのでしょうか?痩せにくくなる理由と、どうダイエットをしていけばいいのかも合わせてご紹介していきます。

アラフォーと基礎代謝

普通に生活をしているだけで消費されるカロリーは、基礎代謝量で変わってきます。若い頃には何もせず、ご飯の量を気にせず食べても太ることはなかった人も、年齢と共に太っていく人がいますよね。その原因は、基礎代謝量が年齢と共に落ちているからなのです。40代になると基礎代謝が落ちてくるので、何もせずに今までと同じ生活を続けていては、基礎代謝が落ちている分消費カロリーが少ないので、結果として太ってしまいます。

セルライトも増えだす時期

ダイエットをしたいと思ったときに気になるセルライト。凸凹としてなかなか自分では取れないセルライトも、40代を境に増えだしてきます。セルライトは体内の脂肪細胞に、毒素と食物繊維が絡み合ったものです。消費カロリーが落ちることで、体内の毒素も蓄積が進みセルライトが生まれてしまいます。一度できたセルライトはなかなか取り除くことは難しく、スリムな体型を遠ざける原因ともなっているのです。

食生活の改善と運動量アップは必須

基礎代謝が落ちる=消費カロリーが減るということを意味します。ということは、飲み会などの外食をしていつもより多いカロリーを摂取してしまうと、消費ができずに太ってしまうでしょう。できる限り外食は控え、外食したとしても次の日には低カロリーのものを食べるなどを心がけて、カロリーコントロールをしましょう。いつもエレベーターを使っているなら、階段にしてみるなど、ちょっとしたことに気を付けながら運動量をアップするようにすることも大切です。

ダイエットには冷えも大敵

消費カロリーを抑えようとして、低カロリーのお蕎麦やサラダなどの生野菜ばかりを選択している人はいませんか?食べ物としてのカロリーは低いものなのですが、実はお蕎麦やサラダは体を冷やしてしまう食べ物なのです。体を冷やすと、アラフォーの低い基礎代謝がさらに下がってしまうので、結果として痩せにくい体を作ってしまいます。もともとの消費カロリーが低いアラフォーには、冷えは禁物!蕎麦なら温かいものを、サラダなら蒸し野菜にするなど、温かくて低カロリーの食事を摂るようにしましょう。

まとめ

アラフォーが最後のダイエット期と聞くと無理をしてでも痩せようと、頑張ってしまうかもしれませんが、やはり無理は禁物です。いきなり多くのことをやろうとしても、長く続かずに結果としてダイエットが失敗に終わります。また、若い頃とはちがい体力も落ちているので、激しい運動をしても疲れすぎて体によくありません。無理せずに長く続けられるように少しずつ改善をしていきましょう。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加