このままじゃ胸がなくなっちゃう!!胸が小さくなる習慣4選 | コイウラ

このままじゃ胸がなくなっちゃう!!胸が小さくなる習慣4選

シェアする

ふわふわで豊満な胸は男性のみならず、女性の憧れでもありますよね。体重は変わらないのに「あれ?ブラの上の方がスカスカ…?」「なんだか小さくなった?」など感じたことはありませんか?もしかしたらそれは、生活習慣のせいかもしれません。今回は胸が小さくなってしまう習慣を4つご紹介します。生活習慣を改善して、胸が小さくなるのを阻止しましょう。

激しい運動で胸が垂れることも

161213_09_2

激しい運動をするとき、どのような格好でしていますか?胸をしっかり固定してくれるスポーツブラを使わず、いつもと同じブラで激しい運動をしている人は要注意です。胸が揺れることで、胸を支えているクーパーじん帯が伸びてしまい、バストが垂れる可能性があります。バストが垂れると、ダランと下に流れるため、見た目が小さく、上部がスカスカになりますよ。運動をするときは、胸を揺らさないことを目指し、ブラを工夫するといいでしょう。

食生活の乱れは胸に悪影響

161115_01_5

食生活のバランスが悪いなと感じている人は要注意です。胸は脂肪でできているので、ダイエットで野菜だけ食べたり、フルーツだけ食べたりしていると、胸はしぼんでいきます。コーヒーを一日に3杯以上飲む人も注意が必要ですよ。コーヒーに含まれるカフェインには、自律神経の働きを乱す作用があり、女性ホルモンが正常に分泌されなくなる可能性があります。胸の成長には女性ホルモンが必要です。飲み過ぎには注意しましょう。

猫背は胸に栄養がいきにくい

161024_05_2
猫背になると、背中が丸まり、肩が前に入ることで、胸が狭くなり圧迫されます。そのため、上半身のリンパや血流が悪くなり、胸に栄養がいきにくくなるのです。猫背の人は、意識して上体を正し、胸を開くことから始めましょう。お風呂の中で脇のリンパや胸をマッサージしてあげると、血行が促進されていいですよ。

便秘は胸の成長に影響する

170124_03_4

便秘は万病の元といいますが、胸の成長にも影響を及ぼします。便秘になるということは、腸内環境が正常でないということです。腸の活動が正常でないと、骨盤内の血流が悪くなり、全身の血行不良に繋がります。血行不良になると、胸に栄養がいきにくいことに加え、女性ホルモンが正常に機能しにくくなるため、胸の縮小化に繋がるのです。胸のためにも、健康のためにも、便秘は治しておくといいですね。

まとめ

胸を小さくする要因は、生活習慣にたくさんあります。便秘や姿勢の悪さが引き起こす血行不良、食生活の乱れなど胸とあまり関わりがないようにみえて、深く繋がっているのです。生活習慣を正しく直せば、胸はあるべき大きさに戻るかもしれません。規則正しい生活と、正しい姿勢、食生活を見直して、胸の縮小化をストップさせてくださいね。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加