太ってないのにこの頃ブラが痛い!体型別ブラの正しい選び方とは | コイウラ

太ってないのにこの頃ブラが痛い!体型別ブラの正しい選び方とは

シェアする

体重に変化があるわけではないのに、今まで使っていたブラが最近痛いな・・・こんな経験はありませんか?それってブラ選びに原因があるのかも!ブラは正しい選び方ができていないと痛みや不快感があったり、胸の形が悪くなったりすることがあります。ブラに痛みを感じている人必見!体型や胸の形に合わせた正しいブラの選び方をご紹介します。

胴周りはどんな形?

ブラを着けているときに痛みを感じるのはアンダー部分、という人もいるでしょう。アンダー部分はブラのワイヤーが当たり、締めつけを感じやすい部分です。アンダーの痛みを解消するには胴回りの形に注目してみましょう。胴体部分を輪切りにしたとき、円に近い形の人は「丸胴タイプ」、楕円に近い人は「扁平胴タイプ」です。丸胴タイプの人は一般的なワイヤー入りタイプのブラでも痛みを感じにくい傾向にあります。一方扁平胴タイプの人は、胴に厚みがないためブラのワイヤーがフィットしにくくなっています。扁平胴タイプの人はワイヤーのカーブが緩やかなもの、ソフトワイヤータイプのものを選ぶといいでしょう。

バージスラインとワイヤーの関係

ブラ選びはワイヤー部分に注目すると痛みを感じにくくなるんですよ!バージスラインと呼ばれるバストの底辺部分の長さ・幅はひとりひとり違っています。自分のバージスラインに沿ったカーブのワイヤーが入っているブラを選ばないと、ワイヤーが食い込んで痛みを感じてしまうことも。バストアップや谷間メイクなど、なりたい胸の形に合わせてブラを選ぶことも大切ですが、バージスラインにも注目してみるとブラの痛みが解消されますよ。

生理前は不快に感じやすい!

生理が近づくとブラが痛いと感じる人は多いでしょう。生理前はホルモンの関係で胸が張り、バストサイズが少し大きくなる人もいます。また、刺激や摩擦に敏感になることも。感じ方は個人差で大きく左右されますが、自分の生理前の傾向に合わせたブラ選びが必要になります。ワイヤーなしのタイプやゆとりのあるブラを使って、生理前を快適に過ごしましょう。

フィッティングを忘れずに

ブラは見た目で選ぶ人、一度測ったからと同じサイズのブラを使い続けている人!ブラを購入するときはフィッティングを忘れずに行いましょう。自分に合ったサイズのブラを使わないと、胸が圧迫されて健康に悪影響が出る場合もあります。ブラを購入するときは毎回サイズを測って、胸に合っているかどうか店員さんに見てもらって!肩紐の調節、アンダーの位置、ブラの正しい付け方などのアドバイスももらえるので、フィッティングした状態で店員さんに見てもらうのがおすすめです。

まとめ

ブラを正しく選ぶと痛みが解消されるだけでなく、胸を美しく見せることもできます。合わないブラを使っていたため胸が小さく見えていたり、垂れて見えたりしていた・・・そんな失敗も防げますよ。今までは見た目やデザイン、なりたい胸の形ばかり重視していたという人は、ブラの正しい選び方に注目してみてくださいね。自分に合ったブラを着けて毎日を快適に過ごしましょう!

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加