美乳が一番モテる!胸の形をよくする正しいブラの選び方 | コイウラ

美乳が一番モテる!胸の形をよくする正しいブラの選び方

シェアする

あなたはブラを選ぶ時、どんな基準で選んでいますか?デザイン、色、着け心地、ブランドなど好みは様々ですが、ブラは単にオシャレを楽しむものではなく、常にバストの形をキレイにキープしてくれる唯一無二の存在です。逆に、身体に合ってないものを着けているとバストの形を崩す原因に・・・。今回は、モテる美乳をつくるブラの正しい選び方をお教えします。

まずは身体に合ったブラをしているか確認

161213_10_1

ブラを選ぶ時、バストのアンダーとトップをなんとなく合わせて、自分のバストをBカップやCカップと決めつけて購入しているひとが多くいます。苦しくないし、ブカブカでもないから自分の身体に合っている!と勘違いしている可能性があるので、次のことに注意してください。ブラの上部(カップ)に隙間がある。ストラップがズレやすい。少し動いただけでブラの前中央が浮く。ブラから脇の肉がはみ出す。胸が揺れを感じる。ブラを外した時、身体に跡が残る。以上の注意点に当てはまる方は、サイズが合ってない可能性があります。

自分のバストタイプに合ったブラを選ぶ

161213_10_2

美乳と一言で表しても、ひとりひとりバストには違いがあるように、理想のバストもひとそれぞれです。正しいブラを選ぶコツは、自分のバスト悩みを明確にし、理想のバストへ近づけることが重要になります。小さい胸が悩みの方にはプッシュアップブラやカップの横幅が狭いバルコネットブラがオススメです。逆に胸大きいことが悩みの方には、しっかり包み込むフルカップブラ。垂れたバストを持ち上げたい方には、バルコネットブラや持ち上げ力が高い1/2ブラを選びましょう。不安な方は専門店で悩みを相談してみるのも得策です。

正しいブラを選んだら正しいつけ方をしよう

161213_10_3

せっかく身体に合った正しいブラ選びをしても、着け方次第でその効果が半減することもあるのです。意外と知らない方も多い正しいブラのつけ方は、お辞儀をするように身体を前に倒し、ブラのストラップを肩にかけます。それからカップと胸の下にブラのアンダー部分を合わせ、ホックをとめる。お辞儀の体勢のままストラップの付け根を浮かせて胸のサイド、脇、背中の贅肉を入れ込み体勢を戻し、ストラップの長さを調節して完成です。ストラップのキツさは、指1本ぐらい余裕があるとベスト!

合わないブラを着け続けるとどうなる?

161213_10_4

身体に合わないブラを着け続けるとどのような悪影響がおこるのか、ご説明しておきます。代表的なのは、垂れ乳、離れ乳です。服の上からでもバストのトップが身体の低い部分に下がり、そうなるとバストラインが若々しくありません。さらに、キツいブラを着け続けると、締め続けた跡が色素沈着し、肌やバストが黒ずんでしまうことになります。垂れた乳をまた筋力を付けてバストアップするのは、多大なる労力と努力が必要になるため、日ごろから正しいブラ選びで垂れない若々しい美乳バストをキープしましょう。

まとめ

ブラを何着で1週間回しているかにもよりますが、1週間に2~3回着用、洗濯して1年間使うとワイヤーやストラップに歪みやヨレがでるそうです。下着にも寿命があることを知り、寿命がきたら美乳を邪魔するものだと排除して、潔く捨てましょう!身体に合った正しいブラを着用すると服を着た時のシルエットも、よりキレイに見えます。是非、次のブラ選びの際には参考にしてみてください。

コイウラは、恋に悩む女性のためにさまざまな情報をお届けするメディアです。

恋する女性はいつも悩みに苦しんでいるもの。どうしたら素敵な男性と出会える?片思いはどうしたら叶う…?友達に相談するのもいいけど、やっぱりプロの意見が一番。Melqでは、恋愛のプロによる厳選されたアドバイスをお届けします。

LINE公式アカウント:友だち追加